SF短編集「ピュア」

本当の俺を見てよ、ひかり。男の俺を」

2020年4月に刊行されたばかりの小野美由紀さんの作品集『ピュア』から、収録作のひとつ「バースデー」を毎日更新で全文公開します。
もしもずっと一緒に過ごしていた幼なじみの大親友が、夏休みの間に「変身」してしまったら? ある女子高に起こった「性」をめぐる事件を描いた、少し不思議な青春小説です。
(連載第4回)

10月30日

 最初に下着ドロボーの話を聞いた時、私は即座に隣のクラスのあの女の仕業だって分かって即ギレしそうになったけど、ちえはやっぱりこんな時でも落ち着いてて 「まあ、他にも気に入らないって思ってた子はいるかもしんないしね」とかクールに言っちゃって、私は余計にイライラして、流石にちょっとは慌てなよ、ってちえに対しても怒っちゃった。

 だってこんな状況で疑われるの、ちえしかいないじゃん。うちのクラスと隣のクラス合同の体育の授業中、しかもちえしか見学者いなくて、学校の外周をみんながランニングしてる間に更衣室のロッカーから下着が消えてたなんて。

 うちのクラスの子たちもおんなじ意見で、教室はその話題で持ちきりだった。

「だってあの子、ちえに告白して振られたんでしょ」「ぜってー腹いせじゃん」「あの女さ、さっき教室で騒いでたよ、この学校にいるべきじゃない人がいる、とか言ってわざとらしく泣いちゃってさ」「うわ、うっざ。そろそろ潰す?」

 サクちゃんは私たち全員を座らせて、本当に馬鹿馬鹿しい、って顔、作って言った。

「あのさ、本当はくだらないから、こんなことやりたくないんだけど。校長がやれっつってうるさいからやるよ。みんな、協力してくれな。……あー、全員、目ぇつぶって。で、隣のクラスの知山の下着を獲った奴がこの中にいたら、挙手しろ」

 誰も目を閉じなかった。ちえ以外は。

 サクちゃんはため息をついて、はあ、じゃあ、ホームルーム終わりな、って言って、そのまま出てった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら?ハヤカワnote1位の衝撃作、待望の書籍化!

ピュア

小野 美由紀
早川書房
2020-04-16

この連載について

初回を読む
SF短編集「ピュア」

SFマガジン /小野美由紀

SFマガジン6月号に掲載された小野美由紀氏の「ピュア」を特別公開します。タイトルの通り、ある純粋な性と生を描く遠い未来の物語です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード