SF短編集「ピュア」

私、これまで自分のこと、虫みたいに思って生きてきたから」

2020年4月に刊行されたばかりの小野美由紀さんの作品集『ピュア』から、収録作のひとつ「バースデー」を毎日更新で全文公開します。
もしもずっと一緒に過ごしていた幼なじみの大親友が、夏休みの間に「変身」してしまったら? ある女子高に起こった「性」をめぐる事件を描いた、少し不思議な青春小説です。
(連載第2回)

 ちえが女でいたくなくなった理由ははっきりとはわかんないけど、でも、関係してんじゃないかな、って思う出来事はある。

 同級生のりえちゃんが殺されて近所の畑に捨てられてたのはうちらが小学校5年の冬休みの最中のことだ。一晩畑に放置されたりえちゃんの体はカチコチに凍っていたらしくて、うちらの街は一瞬で大騒ぎになった。

 しかも、りえちゃんの体には明らかに蹂躙された後があって、私たちはまだ性教育も受けてなくて、セックスのなんたるかもわかってなかったけど、でも、街の大人や親の反応から、りえちゃんがただ殺されるより、もっともっと、根源的に、深く、何かを剥奪されて死んだってことは、なんとなく肌感覚でわかった。  りえちゃんのお母さんなんか、もう狂ったようになっちゃって、ビラ巻いて、大声で涙流してメガホンで目撃証言を呼びかけて、大人たちもすっごくピリピリして、うちらは3学期の最中ずっと集団登校とかしてて、私は、集団登校とか意味あんのかな?私たちが束になったところで、もう、子供の命奪うくらいの、とんでもない根元的な悪に触れちゃったらどうしょうもないじゃん、て思ってたんだけど、もちろんそんなことは言わなくて、大人たちの鬼気迫る表情に、ただ黙って従ってた。

 そんで最初に逮捕されたのが、近所の工場労働のベトナム人の男で、大人たちの間で、やっぱり外国人なんか入れるんじゃなかったよ、っていうのといやいや、それとこれとは……っていうのとで意見が割れに割れて、街中に険悪な雰囲気が流れて、ようやく騒ぎが落ち着いたころにそれが誤認逮捕で、本当の犯人はりえちゃんの親戚のお兄さんだったってことが判明して、もう、ほんと何から何まで全てがわけわかんなくて、私のお母さんももんのすごく怖い顔して、あんたたち、女の子なんだから気をつけなさいよって言って、そっからしばらく、うちらの行動もすんごい制限された。

 私はりえちゃんとは学校で別のクラスだったけど、ちえはその時お母さんに無理やり通わされてたバレエ教室でりえちゃんと同じレッスン受けてて、同じくいやいや通ってたりえちゃんとは教室では仲良しだったみたいで、そのせいか事件にすごくショック受けてた。この頃からちえのポーカーフェースは完成されてて感情なんか滅多に出さなかったけど、そのちえが肩を震わせて

「”女の子だから注意しましょう”って、一体なんなんだろうね。ひどいことする大人が悪いに決まってんじゃん。それなのになんで女の子が、自分たちの不注意みたいに言われなきゃいけないの?なんで、生きてくだけでこんな怖い思いをしないといけないの?」

って言ってたのが、私にはものすごく印象的だった。その後なんだよね。ちえが、バレエのために伸ばしてた髪をバッサリ切って、代わりにテコンドー習い始めて、お母さんとお父さんと、仲が悪くなり始めたの。

 それにしてもちえの変身はインパクトありすぎて、ちえがまさかそんな事情を抱えてたなんてだあれも知らなくて、クラスの子もなんだかんだで結構ショック受けちゃってた。

 あの、学年でも1、2を争ってた美人のちえが、こんな姿になっちゃうんて。

 いや、男になったちえだって、雰囲気とか仕草とかは元のまんまだ。でも、そうは言っても骨格とか、パーツとか、腰の位置とか、関節の位置とか、まるで違うじゃん?何よりジャージの襟からのぞくごっつい喉仏、顎にうっすら生えたヒゲは私の知らない他人のもので、それ見てると時々、私、一体だれと話してんだろ、いや、一体だれと話してると思ったらいいんだろ、って、全く、10数年の大親友の名折れではあるけれど、思っちゃうんだよね。私、差別主義者でもないし、そういうことに偏見とかないって、自分では思ってたのにね。

「言いにくかった?」

「え」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ピュア

小野 美由紀
早川書房
2020-04-16

この連載について

初回を読む
SF短編集「ピュア」

SFマガジン /小野美由紀

SFマガジン6月号に掲載された小野美由紀氏の「ピュア」を特別公開します。タイトルの通り、ある純粋な性と生を描く遠い未来の物語です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo 第2回! 毎日更新です。 小野美由紀最新刊「ピュア」より青春SF短編「バースデー」を公開! 7ヶ月前 replyretweetfavorite

bobobonko  今日の分も読んだ 明日が楽しみ 本欲しいなあ…買いに行きたい 7ヶ月前 replyretweetfavorite