その男、風俗経営者で陽気な遊び人#15

世界初の対話型レズ風俗「Relieve」のオーナー兼キャストとして活躍する橘みつさん。みつさんはレズ風俗に採用してもらうために面接を受けます。そこに迎えに来たのは一台の車。乗っていたのは人の良さそうな、陽気な遊び人のような風貌の男でした。

ガラリと無遠慮にドアが開いた車に乗り込むと、車内には薄く音楽がかかっていた。陽気な曲と共に歌うようなリズムのパーソナリティーの声が響いている。誘うようでからりとした声を久住がパチリと切ると、途端に車内は静かになってしまう。ワンボックスカーは風俗嬢の送迎用のものなのだろうか、四座席シートでやたら広く、タバコと車独特の淀んだ匂いがした。ドア近くで縮こまって座っていると、久住がこちらに振り向いた。

「あ、どもー、あたらめまして久住です。井沢さんですねー」

髪は茶髪で天然パーマなのか顔まわりでくるくるとうねっている。にっこり笑うと厚めの唇から黄色がかった歯が覗く。座っているせいでよく見えないが、黒いTシャツに包まれた体は肉付きがよく、脂肪としか名付けえないもので膨れていた。風俗店の経営者、というより陽気な遊び人といった風貌だろうか。とはいえ油断は禁物だ。渡された面接シートに記入しながら、脇にはバッグをしっかりと挟み身を硬くしておく。久住はびっしり書いて真っ黒になった面接シートと身分証を受け取ると、ふんふんと読んでいる。

わたしは急いで言った。「わたし、即戦力になれます。女性経験もあるし、実践でも強いと思います。大学ではジェンダーやセクシュアリティについて勉強してきたので、性の知識はあります。ホステスの経験も積んできたので、人当たりの良さにも自信があります」何が何でも、採用してもらわなくてはならない。ここまでの経緯をすべてつまびらかにしても構わない、そんな意気込みでいたら、久住はさらりと面接シートと身分証を返していう。

「はい、採用です!」

「えっ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話

橘みつ

世界初の対話型レズ風俗「Relieve」のオーナー兼キャストとして活躍する著者は、なぜ、レズ風俗で働くのでしょうか? お客さんの「人生のきっかけ」を共に探したいと願い、これまで200人以上に向き合ってきた彼女が、どんな人生をおくり、い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません