部屋が世界の中心になりがちな在宅ワークで必要なこと

在宅ワークにだんだんと飽きてきた人もいるのではないでしょうか(私)。12年来の在宅ワーカーでイラストレーターの鈴木みきさんが、自らの経験から、在宅ワークを上手にこなすヒントをあいうえお形式で教えてくださいました!

「今年のGWは飛び石だな~」なんて嘆いた日が懐かしいですね。

フリーランスの私は、勇気と計画性があれば年中GWを取ることできるのでいいですが、お勤めのみなさんにはアフターコロナに「自粛G(がんばった)w(ウィーク)」を設けて振替休日にしてあげたい。そして今日も家にもいられずコロナの前線で働いている方々の有給休暇を100倍くらいにしてほしい。

今回は「さ行」です。



在宅ワークはサボり放題。家のなかは誘惑だらけです。
おそらく休日だけ家にいるのであれば気にならないことも、仕事をしながら家にいると気になるのです。ホラ、テスト勉強してるのに掃除を始めちゃったり、掃除してたのに昔の写真見ちゃったり、写真見てたら寝ちゃったりの、アレです。つまりは現実逃避…と、以前なら言えたのですが、私くらいの年齢になると忘れちゃうんですよね。ちょっと前にやってたことを。
まあ、目の前のことがすべてっていうか?今を楽しむっていうか?結果的に仕事サボってる?そういう流れです。はい。

でもこの流れは、目移りしながらそのうちに仕事に戻ってくるんです。狭い部屋ですしね。だからまあいいか、と。
私の場合は、こう見えてもクリエイティブなお仕事。絵っていうのは始業時間を決めてもすぐに描けるというものではないわけですよ(ええ、少し盛ってますし、こんな絵で誰も信じてくれるとも思っていません)。ですからして、サボるっていうのは「暖機」してる状態なんです。働くための準備。必要な儀式なんです。と、私はいったい誰に言い訳しているんでしょう。

詰まるところ、好きなときにサボれるのが在宅ワークの特権です。せっかくみなさんも「テレワーク」になったのですから迷惑かけない程度にちょこちょこサボってください。



ひとり暮らしでも同居人がいても、なんとかして独立した仕事スペースを作ったほうがいいと思います。余分な部屋がなくても家具の配置を変えるなり、カーテンで仕切るなり、部屋にテント張るなりして、居住スペースが見えないようにするだけでも違うと思います。仕事の捗り方が格段に変わります。

というのも、イラストレーターをはじめた当時は狭小実家にいたのですが、仕事が乗ってくると家人が帰ってきたり、すごい集中したいときに「ごはんよ~」なんて声がかかる。面白いくらいに出来高が少なくて眠れない。こりゃマズイと、無理して近所の安アパートを借りてアトリエにしたんですよね。やはりそれからのほうが順調で、依頼される仕事も増えていきました。

もしかすると会社勤めに慣れているみなさんのほうが周囲の邪魔者は気にせずに、お仕事ができる能力がおありかしらね。でもそれも「出社」することで「仕事スイッチ」が入るからでは。「在宅ワーク」は部屋を変えることで何とかそのスイッチを入れたいんですよ。欲しいんですよ、そのスイッチが。



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テレワーク時代、住みたい場所は自分で決めていいんじゃない?

この連載について

初回を読む
在宅ワークの心得 あいうえお

鈴木みき

イラストレーター鈴木みきの、ゆるくても役に立つかもしれない 在宅ワーク歴12年で分かりかけてきたセルフマネージメント術

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mt_suzukimiki 明日「た行」公開です。 「さ行」読み逃しなきよう😎👍 https://t.co/NPeVNZtgFa 7ヶ月前 replyretweetfavorite

junichi1582 さ行。 https://t.co/MhIw7wstSy 7ヶ月前 replyretweetfavorite

jujukoh 空をみるを大事にしよう 7ヶ月前 replyretweetfavorite