もっとがんばれ!」の声がけがNGの理由

子どもに期待するあまり、NGワードを言ってしまっているかも? ぜひ効果的な子育ての〈言葉〉を知っておきましょう。好評発売中の『決定版 ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』から、つい言ってしまいがちな“あんな言葉”“こんな言葉”のフォローのしかたを解説します。

「もっとがんばれ!」

本人なりに努力しているけれど、結果がイマイチ…もう少し粘ってほしくて、「もっとがんばれ!」と励ましています。

がんばりを認めてあげよう!

私たちは、子どもによく「がんばれ」と言います。運動会などでは「がんばれ! がんばれ!」って応援席で絶叫しますよね。

そういうシーン以外での「がんばれ」という言葉、これは使いようによっては逆効果になってしまいます

実は私も経験があります。試験を控えた子どもに軽い気持ちで「がんばれ」と言ったら「当たり前だよ! がんばってるじゃん!」と泣かれました。「じゃあ…がんばらないで」と言い直したら「お母さんのバカ!」と今度は怒り出しました。

しばらくすると気を取り直して「でもがんばる」と言ってくれましたが、ちょっと悪いことをしたなあと思いました。

がんばっているときに、さらに「がんばれ」と言われると、現状の努力を否定されるような気がして、つらくなるのです。

それが続くと、もっとがんばれ→今のままではダメだ→おまえはダメだと否定されたような気がしてしまうかもしれません。

でも逆に「がんばらなくていいよ」と言うと「どうせ努力しても無駄だ」という意味になってしまいます。

子どもを前向きにさせるには、がんばっていることを知っている、努力を認めているよ、と伝えることだと思うのです。

「がんばれ」よりも「がんばってるね」「よくがんばったね」と励ましてあげたいですね。

子どもの英語の教材を読んでいたら、アメリカでは何かにチャレンジするとき「Relax(リラックス)」とか「Enjoy(楽しんで)」と声をかけるとありました。

明るく「楽しんできてね!」と声をかけるのも良さそうですね。

「もっとがんばれ!」をこんな言葉にチェンジ!

「けっこうがんばってるね」
「よくがんばったね!」

子どもは前向きになれます


「やればできるんだから」

スポーツの練習はサボるし、勉強もしたがらない、わが子。「やればできるんだから」といくら励ましていてもやる気になってくれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ママのフォローで子どもはぐんぐん育つ!

この連載について

初回を読む
ママ言わないで! 子どもが自信を失う言葉

曽田照子

「あの人に叱られるよ」「普通にできないの」「だから言ったじゃない」。つい言ってしまった“あんな言葉”や“こんな言葉”。でも大丈夫です! ママのフォローで子どもの自信ややる気、強い心はぐんぐん育ちます。『決定版 ママ、言わないで!子ども...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません