もうママ知らない!」って叫びたいときの対処法

“理想の子育て”にしばられて、子どもにきつくあたっていませんか? 叱るよりも、ずっと効果的な子育ての〈言葉〉を試してみましょう。好評発売中の『決定版 ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』から、つい言ってしまいがちな“あんな言葉”“こんな言葉”のフォローのしかたを解説します。

「ママ知りませんからね」

イヤイヤ期なのはわかるけれど毎日「イヤ!」「チガウ!」ばかりでは、ガマンも限界。「もうママ知らない!」なんて叫んでしまって、自己嫌悪…。

イヤイヤは順調に発達している証拠。

魔の2歳児といわれるイヤイヤ期…「イヤ」「チガウ」「自分でやる!」と大人を振りまわしたあげく、うまくいかなくてギャン泣き。

私も「もう知らない!」とキレてしまったこと、実は、一度や二度ではありません。

子どもへのいら立ちだけではなく、優しくできないことへの自己嫌悪…子どもと一緒に泣いてしまうこともよくありました。

子どもはわざと親を困らせようとしているのではありません

2歳のイヤイヤは子どもの正常な発達過程。「自分でしたい」という意欲が出てきた証拠です。でも当然まだうまくできないことだらけ。イメージと現実のギャップが「イヤイヤ」になって爆発してしまうのです。

この時期に子どもが「やりたい」と言い出したとき、時間はかかりますが、できるだけやらせてみるのがいいそうです。

手助けするときは、ある程度自分でやらせてから「手伝ってあげようか」ではなく「手伝わせてくれる?」とお伺いを立てる。

全部は無理なので最後の仕上げだけ本人にやらせて花を持たせたりもしました。

「どっちにする?」と選ばせて自分で決めた感を持たせる「二択式作戦」も有効でした。

「歯はみがいちゃだめよ」「絶対寝ないでね」と「イヤイヤ」を逆手に取って、思い通りの反応を引き出せたこともありました。

思いつく限りやってみましたが、「これだ!」という対策は見つかりませんでした。

正常な発達過程なのですから、つわりをやり過ごしたように、時期が過ぎるのを信じて待つしかないのかもしれません。

イヤイヤが激しい「手のかかる子」ほど、想像力や自立心が旺盛な「見どころのある子」なんだそうですよ。

「ママ知りませんからね」をこんな言葉にチェンジ!

「どっちにする?」
「自分でやってみて」

思い通りの反応を引き出せます


「あの先生はハズレね」

今年の担任は、新卒の若い女性。頼りない感じがして「あの先生はハズレだから、あなたがしっかりしなさい」と話してしまいました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ママのフォローで子どもはぐんぐん育つ!

この連載について

初回を読む
ママ言わないで! 子どもが自信を失う言葉

曽田照子

「あの人に叱られるよ」「普通にできないの」「だから言ったじゃない」。つい言ってしまった“あんな言葉”や“こんな言葉”。でも大丈夫です! ママのフォローで子どもの自信ややる気、強い心はぐんぐん育ちます。『決定版 ママ、言わないで!子ども...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません