何をやってもダメなんだから」を言い換えて子どもを励ます言葉

“理想の子育て”にしばられて、思い通りにならないと悩んでいませんか? 〈言葉〉を変えれば気持ちが楽になるかも。『決定版 ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』(5/21発売)から、つい言ってしまいがちな“あんな言葉”“こんな言葉”のフォローのしかたを解説します。

「何をやってもダメなんだから」

子どもが何かで失敗すると悔しくてたまりません。「何をやってもダメなんだから」と子どもを傷つけてしまいます。

いいところを見つけてあげよう!

子どもが失敗したとき、うまく励ます言葉をかけて、自信を育ててあげたいですよね

でも、親だからこそ、それが難しい。

本当は子どものほうが落ち込んでいるとわかっていても、親ならがっかりします。

それは「成功してほしい」という親心の裏返し。さらに「成功させてあげたかったのに親として力になれなかったのが悔しい」となり、もっとこじれると「せっかく成功させてあげたいと願っていたのに、成功しないなんてひどい子どもだ」と、矛盾した逆恨みになってしまいます。

それで「何をやっても…」なんて子どもを傷つけてしまったりして。愛情と期待があるからこそ、こじれる言葉と気持ち。複雑です。

親から「何をやってもダメなんだから」と言われれば、子どもは自分の存在そのものを否定されたと感じて、自信を失ってしまいます

失敗が重なったとき「何をやってもダメだ」とガックリ落ち込むことは、誰にでもあります。

そんな心の危機に直面したとき「そんなことない。大丈夫」と自分を信じて気持ちを立て直す原動力が「自信」や「自己肯定感」です

どんな子でも「何をやってもダメ」ということはありません。

いいところは必ずあるはずです。そこを認めるだけでもいいと思うのです

本人も、自分のいいところを伸ばそうと考えられますよね。

「何をやってもダメなんだから」をこんな言葉にチェンジ!

「次がんばろうね」
「できるよ。ゆっくりやってみよう」

子どもも自分のいいところを伸ばそうとします


「でも100点じゃないんでしょ?」

「ママ見て!」テストは90点。いい点数だけど、うちの子ならまだイケるはず。「でも100点じゃないでしょ」って言ったら、スネちゃった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ママのフォローで子どもはぐんぐん育つ!

この連載について

初回を読む
ママ言わないで! 子どもが自信を失う言葉

曽田照子

「あの人に叱られるよ」「普通にできないの」「だから言ったじゃない」。つい言ってしまった“あんな言葉”や“こんな言葉”。でも大丈夫です! ママのフォローで子どもの自信ややる気、強い心はぐんぐん育ちます。『決定版 ママ、言わないで!子ども...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません