こんな問題もできないの?」と言ってしまわないための心構え

ママが“理想の子育て”にしばられて、子どもが自信を失っているかも。子育てに効果的な〈言葉〉を知っておきましょう。『決定版 ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』(5/21発売)から、つい言ってしまいがちな“あんな言葉”“こんな言葉”のフォローのしかたを解説します。

「こんな問題もできないの?」

宿題のほか、毎日2~3時間つきっきりで勉強を見ているのに、まったく成績があがりません。「こんな問題もできないの!」と怒ってしまいました。

勉強を嫌いにさせない声かけを。

子どもに勉強を教えるって難しいですよね。

聞くところによると、ベテラン教師でも自分の子どもには感情的になってしまい、教えるのは難しいそうです。

うちの三女は特に算数が苦手でした。「なんでこれがわからないの?」「さっき教えたのに」と、私も何度も言ってしまいました。

あるとき、ひどい点数のプリントを持ってきた娘が言いました。

「怒らないでね。ぜんぜんわからなかったけど、静かに座っていられたことを、ほめてあげてくださいって先生が言ってたよ」

わからない問題だらけのプリントの前に座っているのは、かなりの苦行です。

一度「勉強は嫌なもの」と植えつけられてしまうと、取り去るのは大変です。

まずは、好きにさせようとするより、嫌いにさせないことが大切なんですね。

どんなに成績が悪くても、というか成績が悪いほど、親は怒らず味方になって、ほめるのがいいそうです

できないのは本人が一番わかっているはず。学校でも認められない、家でも怒られるでは、勉強が嫌いになるだけでなく「自分はできない」と自信をなくして、劣等感のかたまりのような大人になってしまうかもしれません

とてもほめられない成績のときは「字のきれいさ」や「丁寧さ」など、どんなことでも見つけ出してほめると良いとのこと。

2学年くらい下のドリルを与えて「できた!」と自信をつけさせるのもいいそうです(プライドがあるので学年のところは隠したほうがいいかもしれません)。

勉強机に座ったらすかさずほめる。とにかくほめまくる。ほめればその子なりに伸びていくんですね。三女はおかげで、今ではなんとか大丈夫な成績になりました。

「こんな問題もできないの?」をこんな言葉にチェンジ!

「丁寧に書けてるね」
「すごいね!」

子どもに自信がついて伸びていきます


「弟はできるのに」

器用で手のかからない弟と、なぜか要領が悪いお兄ちゃん。比べたくはないけれど「弟はできるのにね」とイヤミを言ってしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ママのフォローで子どもはぐんぐん育つ!

この連載について

初回を読む
ママ言わないで! 子どもが自信を失う言葉

曽田照子

「あの人に叱られるよ」「普通にできないの」「だから言ったじゃない」。つい言ってしまった“あんな言葉”や“こんな言葉”。でも大丈夫です! ママのフォローで子どもの自信ややる気、強い心はぐんぐん育ちます。『決定版 ママ、言わないで!子ども...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

achiyua > 聞くところによると、ベテラン教師でも自分の子どもには感情的になってしまい、教えるのは難しいそうです。 そうなんだ… 3ヶ月前 replyretweetfavorite