なんで言うことを聞けないの?」とイライラしたときの対処法

毎日の子育てに疲れて、つい子どもにイライラ、ガミガミしていませんか? ストレスが減っていく、効果的な子育ての〈言葉〉があります。『決定版 ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』(5/21発売)から、つい言ってしまいがちな“あんな言葉”“こんな言葉”のフォローのしかたを解説します。

「なんで言うことを聞けないの?」

何度も注意しているのに無視して同じ行動を繰り返す息子。もうホントに憎たらしくて「なんで言うことを聞けないの?」と強く叱ってしまいます。

質問形での注意はやめよう。

遅刻しそう、部屋が散らかっている…そんなとき。子どもが言うことを聞かないと、イラッとしますよね。

ところで、親が子どもに言うことを聞かせたいときって、必ず親側の都合で、子どもを思い通りに動かしたいとき、ではないでしょうか? うちではそうでした。

よく考えてみると、子どもは時間に遅れても気にしないし、部屋が散らかっていても平気。気になったり困ったりするのは、親だけなんです。

そこを踏まえて、言葉をちょっと変えてみませんか?

子どもは疑問形で叱られると意味がストレートに入ってこないのだそうです。

「なんで言うことを聞けないの?」と言うとき、本当に言いたいのは「ママの言うことを聞きなさい」ですよね。

「部屋を片づけよう」でも、まだ抽象的でわかりません。

「オモチャをオモチャ箱に戻してください」ではどうでしょう。それでもまだぴんとこない場合は「ぬいぐるみさんをベッドに寝かせてあげて」「電車を車庫に戻してください」などと、遊びの延長と感じられるような言葉をかけると、素直に動いてくれることもあります

言うことを聞いてくれた場合は、「ありがとう、きれいになったね。うれしいよ!」と感謝の言葉も忘れずに。喜んで次も動いてくれます。

また、声をかけるときには、子どもの様子を見てからのほうが良さそうです。

子どもが何かしていたら「それが終わったら○○しよう」など、すぐにさせようとするのではなく、予告の言葉を挟みます。

子どもだってすぐに切り替えるのは難しいのです。

「なんで言うことを聞けないの?」をこんな言葉にチェンジ!

「○○してね」
「ありがとう、ママうれしいよ!」

素直に動いてくれそう


「何やってんの?」

転びそう、落としそう、危ない…と注意しているときに限って、なぜか、必ずその通りに失敗。思わず「何やってんの!」と言ってしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ママのフォローで子どもはぐんぐん育つ!

この連載について

初回を読む
ママ言わないで! 子どもが自信を失う言葉

曽田照子

「あの人に叱られるよ」「普通にできないの」「だから言ったじゃない」。つい言ってしまった“あんな言葉”や“こんな言葉”。でも大丈夫です! ママのフォローで子どもの自信ややる気、強い心はぐんぐん育ちます。『決定版 ママ、言わないで!子ども...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません