だから言ったじゃない!」と思ったときの言い換えの言葉

子育てのストレスから、イライラ、ガミガミしていませんか? じつは叱るよりも、ずっと効果的な子育ての〈言葉〉があります。 『決定版 ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』(5/21発売)から、つい言ってしまいがちな“あんな言葉”“こんな言葉”のフォローのしかたを解説します。

「だから言ったじゃない!」

あらかじめ親が注意してあげても、子どもって、失敗しますよね。「あれほど注意したのに」とか「だから言ったじゃない」と責めてしまいます。

失敗から学べることはいっぱいある。

たとえば子どもが転んだとき…だからさっき走るなと言ったのに! 朝寝坊したとき…だから早く寝なさいって言ったのに!

私も子どもに対して何度「だから言ったじゃない!」という言葉を浴びせてしまったことか、わかりません。

でもあるとき、転んで泣く娘に、夫が「だから言ったじゃないか!」と言っているのを聞いて心が痛みました。

転んで痛くて泣いていて…。自分が失敗したことにショックを受けているのに、言葉で追い打ちをかけているよう。まさに「泣きっ面に蜂」状態です。日頃の自分の言葉を棚にあげて「かわいそうだからなぐさめてあげてよ!」と夫を責めてしまいました。

失敗して落ち込んでいるとき「だから言ったじゃない」なんて言われたら「言われなくたって、次からは失敗しないよう考えるよ」と言い返したくなります。

そうなんです。周囲がわざわざ責めなくても、失敗した事実から大人も子どもも「次はどうしたらいいか」考え、学ぶのです

「だから言ったじゃない」と言われると、せっかく失敗から学んだことが飛んでしまいます。「ママに言われた通りにすれば良かった」だけが残り、失敗しないためにどうしたらいいのかを自分の頭で考えることができなくなります

あるお母さんが「子どもが失敗したときは、人に思いやりを示す方法を教えるチャンスなのよ」と教えてくれました。

お友だちが失敗したとき「言わんこっちゃない」「だから言ったじゃない」「自業自得」なんて冷たい言葉を言うことのないように、親としては、思いやりのお手本を見せてあげたい、と思うのです。

だまって見守ったり、「転んで痛かったね」と気持ちに寄り添ってあげたりするだけで、いいのです。

「だから言ったじゃない!」をこんな言葉にチェンジ!

「痛かったね」
「ケガはなかった?」

思いやりのお手本になります


「何度も言わせないでよ!」

毎日、同じことを注意しているのにまったく言うことを聞きません。「何度も言わせないでよ!」ときつく言ってしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ママのフォローで子どもはぐんぐん育つ!

この連載について

初回を読む
ママ言わないで! 子どもが自信を失う言葉

曽田照子

「あの人に叱られるよ」「普通にできないの」「だから言ったじゃない」。つい言ってしまった“あんな言葉”や“こんな言葉”。でも大丈夫です! ママのフォローで子どもの自信ややる気、強い心はぐんぐん育ちます。『決定版 ママ、言わないで!子ども...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません