仲本工事の苦言に学ぶ

今回取り上げるのは仲本工事。急死した志村けんの追悼番組に、同じドリフターズのメンバーとして出演しました。出演者の中でも一際口数の少ない仲本でしたが、ある一言が武田砂鉄さんの印象に残ったそうです。それはどういう言葉なのでしょうか。

「音楽がちょっと暗いと思う」

今月1日に放送された『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)で、仲本工事がBGMに苦言を呈した様子がとっても印象に残っている。スタジオには、志村けんの大きな写真が何枚か貼り出され、スタジオセットはあたかも葬式場のような色合い。BGMも同様に、葬式場を思わせる厳かなものだった。

それまで積極的にしゃべっていたわけではなかった仲本工事が、突如、「音楽がちょっと暗いと思う。もっと明るくいってほしいな」と切り出すと、研ナオコが「ホントに、この音楽、嫌だな。(志村けんならば)これは選ばなかっただろうな。(スタッフの方を見て)しくじったね」と続けることでなんとか笑いにつなげたものの、仲本工事は不満そうな表情を崩さなかった。志村けんのことを考えたBGMではなく、追悼番組の通例に従ったBGMだった。とはいえ、「いや、この人だったら、〇〇じゃなく、〇〇をかけなきゃダメでしょ」と指定するのではなく、「このBGMではない」という否定に納得させられたのは珍しい光景だった。

ニュースごとに表情を明確に切り替える
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pinkcrocs 仲本かっけー! 5ヶ月前 replyretweetfavorite

i_mecha @anoko_cute1 仲本お父さんの良い話し https://t.co/hyeQuUzpVj 5ヶ月前 replyretweetfavorite

htkd_ 砂鉄さんの視点に救われますね… 5ヶ月前 replyretweetfavorite

nornsaffectio TVは制作者の作為がいちいち押しつけがましさを醸し出す装置だが、コロナ禍に際してはとりわけその暴力性が全面に出ている。最早、安全圏から「みんな批判やめて大人し… https://t.co/tYYTJKOBzu 5ヶ月前 replyretweetfavorite