おわりに—敏感さをとりまく「いい環境」とは

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

おわりに

 敏感な子どもをテーマに本を執筆することは、私がずっとやりたかったことでした。
 この本の中でもいろいろ参考にし、紹介させていただきましたが、アーロン博士の『ひといちばい敏感な子』によって、ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)のみならず、ハイリー・センシティブ・チャイルド(HSC)という概念が提示されたことが、私を後押ししてくれました。
 しかし、子どもの敏感さを一般の方に理解していただけるように説明するというのは、思っていた以上に大変な作業でした。
 ちょうど、勤めていた病院を退職し、クリニックを開設(2016年9月開院)するというてんてこまいの時期に執筆作業を始めたため、思うように時間が捻出できずに苦戦しました。何度診療室のソファで朝を迎えたことでしょう。

 子どもの敏感さを語るうえで、どうしても外せないのが神経発達症、いわゆる「発達障害」の人たちのことです。東田直樹さんや栗原類さんのように、当事者が自分の言葉で自分の抱えている症状や内面の世界を語ってくれるようになったことで、神経発達症に対する理解はずいぶん進んできました。
 けれども、神経発達症の人たちは、どんなに秀でた能力があっても、他者理解や自己表現やマルチタスクが健常の人のようにはいきません。東田さんも、いまに至るまでにはさまざまな誤解・中傷を受けました。社会には、「主観的には敏感かもしれないけれど、客観的にはかなり鈍感だよね」という印象があるわけです。
 HSP、HSCは、そういった神経発達症の人たちと不即不離の関係にあります。さらには、愛着障害、不安障害、気分障害、解離性障害、あるいは統合失調症などの症状をあわせもっていることが、大多数の人にはなかなか理解してもらえない。さまざまな困難さや生きづらさや複雑さを把握する概念が、これまではなかったのです。
 こうした混然一体としたところを、どうしたらうまくかみ砕けるだろうかと迷い、悩みながらの作業になりました。
 最近はようやくHSPの本が少しずつ出てきていますが、HSCの本はまだほとんど出ていません。HSCに対する理解はまだまだです。
 2016年、児童精神医学会で発表しましたが、これに関連した発表はありませんでした。医学的診断名ではないので扱いにくいのだと思います。医者や心理士が扱おうという気にならないと、世の中に浸透させるのは難しいわけです。
 けれども私は、敏感さを抱えた多くの子どもたち、そしてその家族の葛藤をずっと見てきた者として、HSCについてもっと知ってもらい、考えてもらいたいという一心で、この本をまとめました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Sao_days |子どもの敏感さに困ったら すごく、共感します。 人は、主観的には敏感かもしれないけれど、客観的にはかなり鈍感。全ては、これに尽きる気がします。 https://t.co/NtCnCXbP0n 5ヶ月前 replyretweetfavorite