こだわりから自分を解き放つ

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

こだわりから自分を解き放つ

 私が「反転」ということを言い出したのも、こういった影響をいろいろ受けてきたからです。反転とは、逆の考え方をすることだけでなく、こだわりから解き放たれることでもあります。
 DVにパワハラ、これまでに何度も性的被害や嫌がらせなどを体験した女性がいます。心理治療によってだいぶ気持ちが回復してきて、働けるような状態になったのですが、そんな矢先、またしても被害に遭ってしまいました。
 文才がある人なので、「自分の味わった苦しみ、この経験を小説として書く、本を書くのが自分の経験をプラスに活かす道だ」と言っていたのですが、あるとき突然、吹っきれたように言ったのです。
「先生、私、小説書くのやめます。こだわるのはやめます、もういいです」
 つらい経験に対するこだわりから、ふっと解き放たれたようなのです。何が起きたのかなと思っていたら、どうも体を動かす仕事に就いたことがよかったようなのです。
「私、自分が頭でっかちだったことに気がついたんです。これまで頭でばかり考えて、体のことを忘れていました」
 毎日、体を使って疲れて帰り、ごはんを食べ、お風呂に入ってリラックスすると、眠くなる。そんな毎日の中で、自分の負の体験を小説に書くという気持ちがだんだん薄れていったのです。「もういいや」という気になった。とらわれを手放すことができたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません