5G大戦

5Gビジネス活用例【5】空間が新たな仕事場に

VRが開く作業革命

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年11月9日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 接近するクルマがクラクションを鳴らす。しかし、歩行者には聴覚障害があり、聞こえない。そのとき、着用しているゴーグルに「車両接近!」と表示され、危うく難を逃れることができた──。

 10月23日、ドコモとサン電子が岐阜県中津川市で実施した実証試験。VR(仮想現実)端末を使い、“音を視覚化”することで聴覚障害者の生活支援を目指す。

 歩行者はゴーグルと周囲の音を拾うマイクを装着。音のデータは5Gを介して解析用のサーバーに送られ、その解析結果は文字は映像情報となって、瞬時にゴーグルへと送られる。

 音声認識や画像処理は、負荷が大きい作業だ。端末側で処理しようとすると、どうしてもハードが大きく、使いづらくなってしまう。4Gでは通信できるデータ量や遅延の限界があり、高精細なVR画像をリアルタイムで表示することは困難だった。しかし、5GによってVRの可能性が広がり、一躍脚光を浴びている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年11/9号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-11-05

この連載について

初回を読む
5G大戦

週刊ダイヤモンド

次世代の通信インフラの基盤となる、第5世代通信規格「5G」のサービスがついに日本で始まった。あらゆる産業を激変させる可能性を秘める5G。その主役の座を狙って企業は激しく火花を散らしている。5Gはビジネスをどう変えるのか。企業の取り組み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード