5G大戦

5Gビジネス活用例【4】現場に行く必要なし

遠隔操作で楽々解決

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年11月9日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

「次はどうすればいいですか」
「このダイヤルを回して」

 ベテランの整備士がタッチペンでモニターに線を描くと、現場にいる若手整備士の画面に、機器のどこを操作すればいいかが即座に反映される──。

 これは日本航空(JAL)とKDDIが取り組む、5Gを活用して遠隔整備を支援する実証実験の光景だ。部品の細部まで確認し、リアルタイムで支援するためには5Gが欠かせない。ベテラン整備士の数が限られる地方空港でトラブルが起きた際に、羽田空港の整備士と連携して対処するなどの活用法を想定しているという。


JALとKDDIの5Gを活用した遠隔整備の実験。ベテラン整備士の指示が直感的に伝わる。Photo by H.O.

 高速大容量、低遅延という5Gの利点がフルに発揮できる活用例が、遠隔操作だ。とりわけ積極的な取り組みが進むのは建設機械の遠隔操作である。

 ドコモはコマツと、KDDIは大林組と、ソフトバンクは大成建設と、それぞれ手を組み実証実験を推進。5Gを活用するアイデアが浮かばないという悩みとは無縁で、通信キャリア3社が火花を散らす珍しい分野でもある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年11/9号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-11-05

この連載について

初回を読む
5G大戦

週刊ダイヤモンド

次世代の通信インフラの基盤となる、第5世代通信規格「5G」のサービスがついに日本で始まった。あらゆる産業を激変させる可能性を秘める5G。その主役の座を狙って企業は激しく火花を散らしている。5Gはビジネスをどう変えるのか。企業の取り組み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード