5G大戦

5Gビジネス活用例【2】さよなら! ケーブル

機械の配置が自由自在

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年11月9日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 デジタル技術を駆使して製造業の革新を目指す「インダストリー4.0」を提唱したドイツ。5Gを工場に導入する動きが今、急ピッチで進んでいる。

 ドイツ南部、ジンデルフィンゲンに広がる独自動車大手メルセデス・ベンツの主力工場。そこに、「ファクトリー56」と名付けられた新工場が2020年に稼働予定だ。


メルセデス・ベンツの新工場ファクトリー56のイメージ図。機械をつなぐケーブルがない。画像提供:メルセデス・ベンツ

 この新工場では、全ての製造システムやロボットを5Gで接続して運用する。約2万平方メートルに及ぶ施設の5Gネットワーク構築はスウェーデンの通信機器大手エリクソンが担当し、組み立てラインのデータ連携や製品の追跡のほか、需要に応じたラインの配置変更も簡単になる。

 他にも、独自動車部品大手ボッシュは、フィンランドの通信機器大手ノキアと5Gで産業用ロボットを制御する実験を重ねている。

 ボッシュのコミュニケーション・ネットワーク技術責任者で、製造業向けの5G導入を推進する業界団体「5G-ACIA」会長のアンドレアス・ミュラー氏は、「5Gは未来の工場の中枢神経になる可能性を秘めている」と語る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年11/9号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-11-05

この連載について

初回を読む
5G大戦

週刊ダイヤモンド

次世代の通信インフラの基盤となる、第5世代通信規格「5G」のサービスがついに日本で始まった。あらゆる産業を激変させる可能性を秘める5G。その主役の座を狙って企業は激しく火花を散らしている。5Gはビジネスをどう変えるのか。企業の取り組み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード