5G大戦

5Gビジネス活用例【1】人の目を“機械の目”に

進化は画像活用にあり

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年11月9日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 「5Gを使って何ができるのか。こうした問い合わせが、4月から9月までに330件来ている」──。

 こう打ち明けるのは、富士通戦略企画本部5G/ICTビジネス推進室の岡部健一室長だ。岡部室長によれば、問い合わせの約4分の1は製造業。ただ、電力などインフラ系企業からの質問は具体的だが、全体の傾向として、あいまいな内容も多いのだという。

 高速大容量、低遅延、同時多接続が5Gの三大特徴だと知っていても、ビジネスに生かすとなると途端にハードルが上がる。2時間の映画を3秒でダウンロードできるといわれても、自社ビジネスと関連付けることは容易ではない。「『5Gで何かやれ』と上から指示されて困っている」という声も取材の過程で何度か聞いた。

 そこで本誌は、5Gを有効活用するためのヒントを5カ条にまとめた。これを参考にして、目前に迫る5G時代に備えてほしい。


人の目を“機械の目”に

 5Gを活用することで、酪農の現場が変わるかもしれない──。2019年11月、総務省による農業分野で5Gの特徴を生かしたサービスの実証試験が始まる。

 現場となるのは北海道上士幌町のとかち村上牧場。国際電気通信基礎技術研究所(ATR)やKDDIなどが参加する予定だ。


大部屋で牛を飼育するとかち村上牧場の牛舎。5Gの活用で牛を探す手間を省くことが狙いだ。写真提供:ATR

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年11/9号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-11-05

この連載について

初回を読む
5G大戦

週刊ダイヤモンド

次世代の通信インフラの基盤となる、第5世代通信規格「5G」のサービスがついに日本で始まった。あらゆる産業を激変させる可能性を秘める5G。その主役の座を狙って企業は激しく火花を散らしている。5Gはビジネスをどう変えるのか。企業の取り組み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード