仕事で女には会うのに、私とは会わないんだね

コロナウイルスの影響で、大切な人と会うことさえ難しい世の中。しかし、仕事等で外出せざるを得ない人もいます。今回は「大好きだから、会わないよ」と「必要だから、会うよ」の差に疑問を投げかけます。森さんがおそれている、会う、会わないのもっと先の世界とは?

「大好きだから、会わないよ」

そんなキャッチコピーをインターネットやSNSで目にする。いわゆるコロナウイルスに感染させないため、大好きな人だからこそ今は会わないようにする、という心組みだ。おかげさまでというか、私は先月から今日まで、友人知人はもとより仕事の関係者にも、母や姉にも会っていない。電車にも約2ヶ月乗っていない。こんなご時世だから、別にいいのだ。皆が我慢していると思えば、私だって耐えられる。

これって実に日本人的じゃないか?

しかし、ふと不思議に思うことはないだろうか。在宅勤務やテレワークやリモートワークが増えたとはいえ、会社勤めの方で出勤がゼロになった方は、おそらくいない。やはり会社でなければできない仕事や、同僚や上司、または取引先の人に会わないとできない仕事はあるだろう。そんな時に発生するルールが、

「必要だから、会うよ」

だ。

「大好きだから、会わないよ」と「必要だから、会うよ」の差って何だろう。この微妙でいて大きな違い。これって実に日本人的じゃないか? と私は首を傾げたのである。こと、これが外国の方(どこの国とは限定せず、あくまでイメージですが)だと、「仕事だし、必要だけど、今は会わずして何とかこなそうかな」になるような気がするのだ。会社員生活とはとんとご無沙汰な私が指摘するなんて、とてもおこがましいのだが、「会わずして何とかなる」仕事も、あるにはあると思うのだ。

勿論、どうしても直接会わないと進行しない案件なんだよ! という職務だってあるだろう。でも、これは実際に知人から聞いた話だけど、「上司に印鑑を押してもらうだけで出勤しなければならない」とか。電子印じゃダメなの? と私は突っ込んでしまった。そういうのって、日本独特のような気がするんだけど。どうでしょう?

前回も書いたが、結婚していて、夫婦で、一緒に暮らしている(内縁関係や同棲も可)、といった、守られた関係ならいい。しかし、お互いがひとり暮らしの恋人同士が「大好きだから、会わないよ」のルールというか縛りを架せられてしまうと、ついつい「仕事で女には会うのに、私には会わないんだね」と思ってしまわないだろうか。逆も然りで、「仕事で男に会うくせに、俺には会わないわけだ」とか。まあ、わかっていますよ、仕事は大事だし、仕事をしないと生活できない。重々承知している。でも、あまりにも「会わない」に縛りつけられてしまうと、普通の精神を持ち合わせた人でも、普通の感覚じゃなくなってくる。

街中は閑散としているのに、ラブホテルは満室

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません