“早朝デート”のほうが愛がずっと深まるワケ

沢崎家の末っ子・陽太は、どうも恋人とうまくいっていない。〈早起きの神様〉が恋のアドバイスを始める。爆笑しながらあなたの人生が変わる「朝活」コミックの決定版『マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。』を特別公開!★毎週木曜日更新★

[朝の法則 1]
愛を取るか、眠りを取るか

デートは仕事が終わった後の、夜のお楽しみという考えが一般的である。しかし夜は「時間がある」という思いと裏腹に、残業があったり、人に引き止められたりで、何かと都合がつきづらい。

学生の頃ならまだいいかもしれないが、社会人にとっては自分でコントロールしづらくなる。それが夜の時間と言えるだろう。

それならば、思い切って「早朝デート」に切り替えてみてはどうだろうか。朝は自分で自由に過ごせる時間帯だ。相手と都合をつけやすいだろう。

朝は時間が限られているため、遅刻してしまうと相手に会えなくなる可能性がある。それでも眠りを優先するようなら、相手を思う気持ちがその程度のものだということ。相手が大切なら、起きられるはずである。

さらに、早朝デートは夜よりはるかに濃厚な時間になりやすい。深夜デートと違って人が少なく、静かである。さわやかな朝の光と静かな環境のおかげで、映画のヒーロー、ヒロインになった気分が味わえるかもしれない。

2人だけの早朝デートスポットを発見できるのも、早朝デートの醍醐味で、愛を深めるにはもってこいだ。惰眠を貪るより、朝の時間で愛を深められれば、マンネリとは無縁になるだろう。

[朝の法則 2]
早朝デートのほうが遅刻をしなくなる

デートで待ち合わせ時間に遅刻して、ケンカしたことがある人も多いだろう。たいていの場合で遅刻をするほうは決まっていて、待たされたほうは「またか」とイライラさせられるものである。

このような遅刻常習犯と付き合っているあなたにも、早朝デートはおすすめだ。遅刻の常習犯は「多少遅れても大丈夫」と油断して、時間を甘く見積もる傾向がある

その点、朝なら用事がない。電車の本数も少ないから、乗り遅れると大変だという気持ちで油断もなくなる。仕事前ならデート終了の時間が決まっているため、自然と時間を大切にする。

陽太が待ち合わせの30分も前に着いたのは、このような理由だったのだ。

もし、それでも相手が毎回寝過ごすようなら、自然と別れが訪れるだろう。何しろ、会えなくなるのだから。

早起きして会いたいほどではないという気持ちを行動で示しているのだから、相手とは縁がなかったと受け入れて、次の出会いに期待したほうがいい。

反対に、相手が遅刻せずにきちんと待ち合わせ時間に来てくれるようになったら、愛を育むことができるはずである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

仕事も勉強も恋愛も、「朝」を変えればすべてうまくいく

この連載について

初回を読む
マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。

千田琢哉

早起きが超苦手なOL・明日香。ニワトリの姿をした〈朝の化身〉に導かれ、寝坊がちだった毎日に〈最高の目覚め〉が訪れる。人生を好転させる〈自分発見の物語〉。爆笑しながらあなたの人生が変わる「朝活」コミックの決定版!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

34colorchoice79 朝デートありやな。。 6ヶ月前 replyretweetfavorite