早起きできる人に例外なくあてはまる共通点

早朝の電車で意外な光景を目撃した明日香は一大決心をする。爆笑しながらあなたの人生が変わる「朝活」コミックの決定版『マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。』を特別公開!★毎週木曜日更新★

[朝の法則 1]
生まれつき朝に弱い人はいない。「大好き」に生きるから朝が早くなる

早朝出勤で通勤電車に乗ったり、朝活で勉強会に参加したりと、1時間ほど早く出勤する人たちには、共通点がある。それは朝に強いということではない。本当の共通点は、好きなこと、やりたいことでいっぱいということである

このような人たちを見て「積極的だな」「よく体力が持つな」などと感じることがあるだろうが、そうではない。

大好きなことがあって、やりたいことがあるから朝が早くなる。いわばスポーツ競技のフライングスタートのようなもので、体が勝手に反応して目が覚めてしまう。そして、やりたいから行動力が生まれてくるのである。

その「大好き」が仕事なら、向上心が生まれてくるし、自己啓発にも勤しむだろう。趣味の知識や技術を身につけるのが苦にならず、むしろ楽しいことであると同じように、仕事の知識やスキルも楽しんで自分のものにしていく。結果として、仕事でも成果を残しやすい。

そもそも、生まれつき朝に弱い人はいない。朝起きられないのは、自分のだらしなさが原因でもない。無意識かもしれないが、「つまらない」「めんどう」「嫌だ」という気持ちのせいで起きられなくなってくる。

であれば、まずは自分の「好き」「嫌い」を見つめ直してみよう。

もし、今の仕事が「嫌い」と感じているなら、何か好きになれる余地はないだろうか。どうしても「好き」になれないなら、やりたくてたまらないことを仕事にするほうがいい。

仮に、嫌いな仕事で一時期、成果を出したとしても、健全な心と身体を保つことはむずかしいだろう。であれば、思い切って大好きなことで生きる方法を見つけるのもひとつである。

「大好き」で生きられれば、いつの間にか朝に強くなっているだろう。

[朝の法則 2]
出社時間は、人生の集大成だ

サラリーマンはよく「やる気がある」「やる気が見えない」などと評価されることがあるが、人々は何を評価基準にしているのだろうか。

答えは、出社時間である。

どれだけ口で「頑張ります」と言っていても、遅刻をしてしまっては「やる気がない」と判断されても仕方がない。ギリギリ間に合っていても、よい評価はもらえない。

逆に、やる気を言葉にしなくても、朝早く出社するだけで「やる気がある」とみなされるのも、サラリーマンのメリットと言える。たとえ本当はたいしてやる気がなくても、朝一番で出社するだけで評価を上げられるのが会社なのだ。

早く出社するためには、早く起きる。そうすれば、あわてなくてもゆっくり身支度ができる。朝食もとれる。エネルギーが満たされて仕事ができるから、成果も出しやすいだろう。

早く起きるためには、早く寝る。早く寝るためには仕事をさっさと終えて早く帰宅する。このリズムができれば、黙っていても評価が上がっていくのである。

[朝の法則 3]
3時間残業するよりも、30分早く出社したほうが集中できるし、お得

エグゼクティブは概して朝が早い。中小企業で一番早く出社するのは社長、ということが珍しくないし、大企業でも部長クラス以上はたいてい早朝からデスクについて、動き出している。

一般社員にしても、エース社員と見られている人たちは、早く出社しているものだ。仕事ができる人たちは、パフォーマンスを上げるうえで朝の時間がどれだけ重要であるかを知っているからである。

社員の出社ピーク時間は始業から30分前くらいだろう。9時始業なら8時30分を過ぎた頃からぞろぞろと社員が出社してくる。

ならば、その30分前、8時に出社してみよう。自分の仕事の段取りもしっかりつけてから取りかかれるので、効率的に進めやすい。

朝は社内に人が少なく、頭もスッキリしているから、仕事に集中しやすい。普段なら1時間かかる仕事が20分足らずで終わるということも珍しくないだろう。

さらに、朝からてきぱき仕事をしていると、それだけで印象がよくなる。ダラダラ残業して残業代を稼ぐより、朝からさっさと仕事に着手し、早めに帰ったほうが「仕事が早い」という評価になるからだ。

短時間で仕事の成果を得たいなら、3時間の残業より30分前の出社で、集中と高評価を得たほうがお得だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

仕事も勉強も恋愛も、「朝」を変えればすべてうまくいく

この連載について

初回を読む
マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。

千田琢哉

早起きが超苦手なOL・明日香。ニワトリの姿をした〈朝の化身〉に導かれ、寝坊がちだった毎日に〈最高の目覚め〉が訪れる。人生を好転させる〈自分発見の物語〉。爆笑しながらあなたの人生が変わる「朝活」コミックの決定版!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Nakai_Yuri 『マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。 』 (学研プラス) https://t.co/GYsX70Oa7r 6ヶ月前 replyretweetfavorite