俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

もはや修行!? 都内一晩1万円でキャバクラ何軒回れるかな?

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 学生時代、仕送りが底をつき、柿ピーで1週間を耐え忍んでいた。そんな極貧生活を忘れ、今はキャバクラでレディースドリンクを頼まれれば、即OKのテキサスです。

 ここはいま一度、お金のありがたみを再確認すべきではないか。そんな衝動に駆られ、己に「都内/一晩/1万円」という条件を課して、キャバクラ何軒回れるかを試してみることにした。

 まず効率よく店舗を回るためにリサーチしてみると、昨今のガールズバーの台頭で、激安キャバクラは減少していることが判明。安キャバのメッカだった中野ですら、3000円+税という店がほとんどだった。確かに、女のコからしても安くキャバクラで働くくらいなら、ガールズバーのほうがいいに決まっている。

 そこで、1万円で効率よく多くのキャバクラを回るために目をつけたのが“オープン価格”。1軒目に向かったのはオープンの19時から20時までに入店すれば50分3100円(税・サ込み)の熟女キャバクラ「Mrs.J」だ。

女のコのドリンク代が必要ない熟女キャバ

露出度の高いドレスと熟女の色気に指名しそうになるも、グッと我慢

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード