何のために生まれてきたのか」という究極の問いに対する答え

「何のために生きているか」を自覚する人は一流にたどりつくと野村は言う。では、野村自身が出した答えは? 『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

「何のために生きているか」を自覚する人は一流

「何のために生まれてきたのか」

これは人がよりよい人間性を獲得するための、究極の問いかけの言葉である。人が生まれてきたことには必ず意味がある。その意味を自覚しているかどうかで、仕事や日常での振る舞いはまったく違うものになる。「何のために生きているか」を自覚する人は、どんな仕事をしても一流にたどりつく可能性がある。

私も監督をしていたとき、ミーティングなどで選手たちに問いかけることがあった。

「人間は、何のために生まれてくると思うか?」

そう問われたとき、絶句する選手がほとんどだった。無理もない。「野球とは何か」すら考えたことのない選手がほとんどなのだから、ましてや自分が生まれたことの意味を自問した経験などないだろう。

ただ、私のミーティングをきっかけに、自らに問い、考える選手が生まれればそれでいいと思っていた。なぜなら、人としてどう生きるかを考える経験は、野球にもプラスに働くはずだからだ。

かく言う私自身、「何のために生まれてきたのか」について絶対的な正解を持っていたわけではない。日々自問自答しながら、考え続けてきた。

選手から「監督はどう思われるのですか?」と聞かれたときは、こう答えたように思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません