“欲”を原動力とし“欲”に凝り固まらないで成功するコツ

よい結果につなげたいなら、欲をコントロールする必要がある。では、どのように欲に振り回されないようにすればいいのか? 『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

欲をコントロールする

人間は誰しも欲を持っている。その欲こそが、人を変え、成長させる言動力となる

「もっとお金が欲しい」

「もっといい生活がしたい」

そう思うからこそ人は努力できるし、もっと進化していきたいと思うのだ。本連載で何度も繰り返してきたように、私は大金を稼ぐ目的でプロ野球の世界に入った。欲を原動力に変えて努力し、結果を残してきた。

お金を稼ぐこと以外にも、バッターなら「首位打者を取りたい」「ホームラン王になりたい」、ピッチャーなら「最多勝投手になりたい」「防御率一位になりたい」という欲があるだろう。欲は持っていい。私は欲を肯定する。

ただ、欲に凝り固まってはいけない。本当の意味でよい結果につなげたいなら、欲をコントロールする必要がある

最終回、一打逆転の場面で打順が回ってきたとしよう。ここでヒットを打ち、ヒーローになりたいと思うのは野球選手として当然のことだが、欲が先走ると力が入りすぎ、たいていはバッティングを崩して凡打に終わってしまう。私も、似たような場面で力んで失敗した経験が何度もあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません