名選手が“親孝行”である事実からわかる成功の秘訣

名選手の多くは親孝行であるという。野村はそこに成功の秘訣を見出していた。「感謝の心」を持つことのほんとうの意味とは? 『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

名選手は親孝行である

私が選手を褒めるとき、「ようなったな」の後に続けて、しばしば付け加える言葉がある。それは「親孝行せいよ」の一言である。

「孝行のしたい時分に親はなし、だ。親孝行はできるときにしておかないと、後で後悔しても知らんぞ」

そんなふうに声をかけていたのを思い出す。

多くの人が忘れがちだが、親への感謝の気持ちは人生の原点というべきものである。親がいたから、自分が存在できている。だから、親には当然感謝の念を持つべきだ。

V9時代に巨人の指揮を執った川上哲治さんが、NHKの解説者をされていて、淡口憲治(巨人→近鉄でプレー)という左バッターを評して次のように語ったことがある。

「この選手は間違いなくよくなりますよ」

アナウンサーが「なぜですか?」と質問すると、川上さんはこう返した。

「この選手は親孝行だから」

親孝行と野球がどう関係するのかといぶかる向きもあるかもしれない。だが、大いに関係あると私は断言できる。

親孝行は感謝の心である。自分を育ててくれた親に感謝の心を持つことで、恩返しをしたいと考えるようになる。そのためには選手として活躍しなければならない。一試合でも多く出場し、結果を出す必要がある

結果を出すためには、人一倍努力する必要がある。どうすればうまくいくかを必死で考え、実践し、失敗すれば修正し、創意工夫しながら練習していくほかない。こういった努力の源となっているのが親孝行なのである

実際に、名選手の多くは親孝行であるといわれる。それは、長年プロ野球の世界を見てきた私の経験、実感とも合致する。

私自身、プロ野球の世界で努力をして結果を残すことができた第一の理由は、貧乏から抜け出して、女手一つで兄と私を育ててくれた母親を少しでも楽にさせたいという思いがあったからだ。

母親への仕送りを増やすには、自分が一軍に上がり、レギュラーとしてプレーしなければならない。その一心で人一倍練習もしたし、ヒットを打つため、相手バッターを打ち取るための研究にも誰よりも打ち込んだ。すべての起点が親孝行だったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません