“弱者の戦法”で成功の確率を大幅にアップさせる方法

野村は「プロフェッショナルのプロは、プロセスのプロ」を信条としていた。そこには“弱者の戦法”の極意が隠されている。『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

「プロフェッショナルのプロは、プロセスのプロ」

プロの世界は「結果がすべて」である。結果を残せなければ、収入も下がるし、職を追われることにもなりかねない。日本の企業で働く人々も、簡単に解雇されないまでも、数字で厳しく目標が管理され、結果が厳しく評価されることだろう。

プロ野球の場合で言うと、シーズン終了直後は連日、選手が戦力外通告を受けたというニュースを耳にするようになる。昨今は、一、二年で結果を出さなければ、監督ですらあっさりとその座を追われてしまうケースが多い。だから、大金をはたいて他球団から有力な選手を引き抜き、てっとり早く勝つという安易なチームづくりがまかり通る。

だが、結果を意識しすぎるあまり、その裏側にあるものを忘れてはいないだろうか。プロセス、つまり過程である。「プロフェッショナルのプロは、プロセスのプロ」であると私は考えている。よい結果を出すためには、よいプロセスを踏む必要がある。正しいプロセスがあってこそ人は変化できるし、よい結果も生まれるのだ。

別の角度から言えば、仮に、いい加減なプロセスを経てよい結果が生まれたとしても、それは単なる偶然の産物だろう。次に同じような機会でうまくいくとは限らないし、むしろうまくいかないと断言してもいい。

だから、私は監督時代には、選手たちにプロセスの大切さをしつこく説いてきた。具体的に言えば、準備を徹底するということだ。「一に準備」「二に準備」である

例えば、バッターボックスに入る前、どのように準備すべきか。イニング、得点差、アウトカウント、ランナーの有無といった状況に加え、相手ピッチャーの特徴、性格、心理状態などを考慮しておく必要がある。

もろもろの状況を踏まえて「ストレートを狙う」と判断したとする。ほとんどの選手は、それで準備が整ったと考えてしまう。だが、私に言わせれば、それでは不十分だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません