嫌いな人を記憶ごと抹消してラクに生きる方法

人に嫌われても「しょうがないよね」ですませてしまいましょう。人づき合いで後悔なんて必要ないというお話をします。ひろゆき氏の最新刊『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(4月9日発売)から、“自分に甘い人”が一発逆転できる無敵の時間術を特別大公開。★毎週月・木曜日更新★

成功も失敗も振り返らないほうが楽しい

たとえば失敗をしたときでも、過去を振り返って傾向と対策を練れる人はいいのですが、特に日本では、「過去を振り返る=イヤなことを思い出してストレスを溜める」というループに陥っている人が多いんじゃないかと思います。

寝るときに1日を振り返る人もいるようですが、僕には、ちょっとよくわからない習慣です。いつも寝落ちするまで何かしているというのもあるし、そもそも過去を振り返るということがありません

どこかに閉じ込められたりしたら、過去のことも考えるかもしれませんが、毎日忙しいから、基本的に過去を振り返っているヒマなんてないのです。

過去の失敗も、あまり振り返りません。

それ以前に、まず失敗をあまり失敗と思っていないところさえあります。

そう言えば、昔、友人が瓶ビールの栓を歯で開けているのを見て、これは便利だなと思って自分でやってみたら歯が欠けてしまったことがあります。欠けてしまった歯は元には戻らない。このときばかりは大失敗したと思いましたね。

でも基本的には、うまくいかなかったら、うまくいく方法を別に考えればいいし、誰かに話を持ちかけて断られたときなんかでも、別のアプローチ法を試みるか、別の人に話を持っていけばいい

そう考えるほうなので、僕にとって、うまくいかないことは失敗じゃないのです。

もしタイムマシーンで過去に戻れたとしても、僕はきっと、また同じことをするだろうと思います。で、同じ結果になるだろうから、「じゃ、しょうがないよね」としか考えようがない。

それに、基本的に今が楽しいので、普通は失敗と捉えるようなことも、「きっと今の楽しい状況を生み出すための布石だったんだ」と考えるほうなのです

たとえば、詐欺に遭った経験があると、その後は簡単にはだまされなくなりますよね。

その中で、騙された経験を延々と悔やんでいるだけなのか、「あそこで騙されたおかげで、もっと大きな詐欺に引っかからずにすんでいる。だとすると、あのときの被害額も、今考えればカスリ傷だ」と思えるか。

僕は、完全に後者のタイプというわけです。

過去を振り返らないといえば、失敗だけでなく、成功も振り返りません

なぜなら、成功した記憶は気持ちよくても、そこに新しい情報はないから

だったら、新しい映画を観たり本を読んだり、新しい事業を考えたりと、別のことを楽しんだほうがいいと思っているのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

“自分に甘い人”が一発逆転できる無敵の時間術

この連載について

初回を読む
ひろゆき】なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23

ひろゆき(西村博之)

2ちゃんねる、ニコニコ動画、ペンギン村……それまで誰も思いつかなかった〈価値〉を生み出し、人より多くの〈お金〉と〈自由〉を手にした男・ひろゆき。“時間”や“成果”に追われるあなたに向けて、コスパよくひとり勝ちするための時間術を語る。★...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 ゛過去の失敗も、あまり振り返りません。 それ以前に、まず失敗をあまり失敗と思っていないところさえあります。 ゛ https://t.co/e0bwLp0VdR 5ヶ月前 replyretweetfavorite