月3万円でも楽しく暮らしていくための発想法

「お金があると幸せになれる」という魔の公式からは早めに抜け出したほうがいいと思います。実際、お金と幸せをどう考えればいいかお話します。ひろゆき氏の最新刊『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(4月9日発売)から、“自分に甘い人”が一発逆転できる無敵の時間術を特別大公開。★毎週月・木曜日更新★

「お金が好き」な人はストレスを抱えている

「あの人はお金が好き」と言われる人が、「お金を貯めるのが好き」と考えていることはあまりありません。

たいていの場合、貯めるためではなく、使うためにお金が欲しいわけです。

「あるだけお金を使う」というクセがある限り、当然、お金は貯まりません。

そんな人が少しでも収入が減ったら、以前のようにお金を使えなくなって、ストレスが溜まります。

つまり、「お金が好き=お金を使うのが好き」な人たちは、すでに多かれ少なかれストレスや不安を抱えていることになります。

「欲しいものが買えないストレス」や「収入が下がったら使えるお金が減ってしまうという不安」がつきまとっているわけです。

こんな具合に、幸せにお金を介在させると、不幸になる率は確実に高くなります

お金を使うことがそれほど好きでなければ、こんな不幸は最初から味わわずにすむんじゃないでしょうか。

だとしたら、「お金があると、お金を使える。すると楽しくて幸せになれる」という魔の公式から、早めに抜け出したほうがいいと思います。

月3万円で生きていける

実際、お金を大して使わなくても事足りることは多いし、前のほうでも話しましたけど、楽しい思いだって十分できますよ。

たとえば僕は、飛行機に乗るときはエコノミーシートを選びます。

仮にパリから東京に飛ぶとして、シートに座っている時間の長さは同じなのに、ビジネスクラスとエコノミークラスとでは10万円以上、値段が違います。

見方を変えれば、25万円のビジネスクラスではなく10万円のエコノミーを選んだことで、「15万円トクした」とも言えるわけです。

たしかにビジネスクラスのほうが乗り心地はいいだろうし、機内サービスも充実しているだろうとは思います。

でも、少なくとも僕は、ちょっといい席とサービスのために、15万円もの差額を払う気には到底なれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

“自分に甘い人”が一発逆転できる無敵の時間術

この連載について

初回を読む
ひろゆき】なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23

ひろゆき(西村博之)

2ちゃんねる、ニコニコ動画、ペンギン村……それまで誰も思いつかなかった〈価値〉を生み出し、人より多くの〈お金〉と〈自由〉を手にした男・ひろゆき。“時間”や“成果”に追われるあなたに向けて、コスパよくひとり勝ちするための時間術を語る。★...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません