過去も自分も変わらないけど、かけるメガネはとり替えられる

過去を引きずってしまう人が未来を見るには、ふたつの方法があるのだとサクちゃんは言います。やりたいことがなくても、無理も背伸びもせず、笑って暮らすためにサクちゃんが考え続けてきたことを、新刊『世界は夢組と叶え組でできている』よりお届けします。

過去を見直すためのメガネのこと

わ、ミミズだ、と思ってピョンと跳ねるように避けた。通りすぎたあとでよく見ると錆びたS字フックだった。

こういうことはまあよくあって、なーんだ、ビックリして怖がってバカみたいだったなと思うけど、ミミズに見えた瞬間イヤだなと感じたその思いは事実で、錆びたS字フックだと気がつかなければそれは永遠にミミズで、怖い思いのままだったのだろうと思う。真実はどうあれ。

前に、人には未来を見てすすむ人と、過去を見てすすむ人がいるのではないかと書いた。

わたしは「過去を見てすすむタイプ」で、今までしてきたことを振り返って、そこから自分ができることを探す。いろんなことをよく憶えているし、過去の出来事が材料になって自分が形成されている感覚がある。

過去と現在は地続きなので、過去で自分ができあがっているというのはまちがいではないのだけど、「こういうことがあったから今こうなっている」と、因果関係を結びつけすぎる傾向にあるなとも思っていた。

過去の出来事や誰かに言われたことに、意味をもたせすぎて引っぱられてしまい、いつしか未来を見ることが苦手になってしまったのかもしれないなと。

未来を見ることが苦手というのは、まさに「やりたいことがない」と同じなのだけど、過去と現在はつなげて見ることができるのに、現在と未来をつなげることができない。「先のことはどうなるかわからないから」と「こうしたい」と思うこともできなくなる。つまり未来は「未定」で、楽しみにすることができない。

さらに、過去の出来事が、良いことばかりではなくて、イヤなことやうまくいかないことが多かった場合(たいていの人はイヤなことのほうが記憶が濃いとは思うけど)、過去ばかり見ていると、まだ起こっていない未来についても「今までが不幸だったから、きっとこれからも不幸だ」と思い込んでしまう。まだ何も起こっていないのに、だ。

後ろ向きな考え、というのはまさにこのことだなと思う。過去ばかり見て、未来(前)を見ることができないから、過去のイヤな経験に引っぱられて、未来もネガティブな見方しかできなくなるのかもしれない。

残念ながら、過去は変わらない。不運な過去の経験に執着しているままだと、その先も含めた自分の人生は「不幸な物語」になってしまう。未来なんか見られない、という状況は、ほとんどが過去の虜になってしまっているのだ。

だからといって「過去を忘れろ、もう見るな」というのもむずかしいし不自然だ。というかできない。過去と現在はたしかにつながっていて、関係があるのだから。

では、過去にとらわれすぎずに未来を見るためにはどうしたらいいかというと、ひとつは「過去は変わらないのでしょうがない」と、諦めることだと思う。

忘れるでもなく、なかったことにするのでもなく、起きたことすぎたことはしょうがないから、いったん諦めて目を離すことで、さて、ではどうするか、とようやく未来に目が向けられるのではないかと思う。

今までの人生が「不幸な物語」だったとしても、「だからわたしは不幸です」にしないで、「だけどわたしは楽しくすごします」にする。ここから先の自分の人生を「楽しい物語」にするには、過去をどう捉えるかが重要になる。

過去のイヤな経験や思い出を、自分を苦しめる原因として見るのではなく、それがあったからこそできることの材料として見る。

たとえば、いつかの影響から、人の気持ちを先回りして気にしてしまうという場合、察することができる人は、人の気持ちがどう動くのかをよく知っているので、何かものをつくって人をよろこばせたり笑わせたり感動させたりできる人が多いし、イヤな思いをした怒りのようなものを原動力に行動できる人もいる。

文句や不満が多い人は、「これがイヤだ」をひっくり返すと「こうしたい」になる。気になってしまうことが才能で、不満はすべて材料になる。

もうひとつは、他者の力を借りることだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載はこちらの書籍よりお届けしております。

この連載について

初回を読む
世界は夢組と叶え組でできている

桜林直子

やりたいことがない人は、どうすればいいの? そもそもやりたいことって、なに? 「やりたいことをやろう」「夢を持とう」と、やりたいことのある人=「夢組」に向けたメッセージがあふれるなか、やりたいことのない人=「叶え組」に寄り添う“考え方...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

familylifeshift どんどんメガネ、カラフルになってきている気がする。時々はずれちゃうときもあるけど。 5ヶ月前 replyretweetfavorite