フェル先生のさわやか人生相談

夫が、元カノに訴えられていたことが発覚しました【379回】

緊急事態宣言がなされましたが、当連載は変わらず毎週更新してまいります。みなさまの日々の楽しみの一助となれば幸いです。さて、今回フェル先生がお答えするのは、夫が元カノに訴えられていたことを知った、という女性からの相談です。歯切れの悪い弁解をする夫に対し、不信感を募らせる相談者ですが……。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

「妊娠した子は俺の子ではなかった」と言うけれど。

フェル先生、こんにちは。結婚後に、夫が過去に女性から訴えられていたことが発覚しました。

夫と元カノが付き合っている時、元カノが妊娠したにもかかわらず、夫が結婚を拒否し、結果流産してしまい、それにかかった治療費や慰謝料などを請求されていたようです。話を聞いたところ、和解金として150万支払い、お互いに今後は干渉しないという結論になったそうです。しかも元カノとの出会いは、出会い系アプリだったようで、夫の家族に結婚を反対されていました。

「妊娠した子は俺の子ではなかった」と夫は私に言いましたが、DNA鑑定もしておらず、和解金も払っているので、本当は夫の子どもだったのでは、または、確実に自分の子だとわからないから、自分の子だと思わないようにしたのではと私は思っています。

夫の実家は、裕福な家庭だったため、元カノにお金目的ではめられた。とも夫は言っています。ピルを飲んでたけど、飲むのを勝手にやめて黙っていた?または排卵誘発剤を使っていた?などと言っています。また、元カノの携帯で、自分の子どもではなさそうな他の男とのやりとりなどもあったなど。でも「浮気されていたの?」と聞いても歯切れの悪い回答をされます。本当のことをちゃんと話してくれていないとも感じています。つまり、妊娠させたけど結婚する気はなかったし家族から反対されたから、結婚を拒否したら訴えられたってことだと私は思っています。

結婚後にこの事実を知りました。過去のことではあるので、過去は過去と割り切れることもできるかもしれません。私も、この人と結婚しようと思って結婚を決意はした(見る目がなかったのでしょうか)ので。仮に結婚生活を続けるとした場合、私はこの件に対して、どう整理をつけたらいいでしょうか。

(27歳、女性、会社員、後藤)

A.今回はご主人の“過去のあやまち”を知ってしまった若奥様からのご相談です。身分違いの女性を妊娠させてしまい、家族の反対も有って別れてしまったとのことですが、こりゃショックですわね……。今回は一問一答形式でお答えいたしましょう。

フェル先生、こんにちは。
はいどうもこんにちは。

結婚後に、夫が過去に女性から訴えられていたことが発覚しました。
うひゃー。それは穏やかじゃありませんね。

夫と元カノが付き合っている時、元カノが妊娠したにもかかわらず、夫が結婚を拒否し、結果流産してしまい、それにかかった治療費や慰謝料などを請求されていたようです。
妊娠、流産、慰謝料発生……安物のメロドラマのような展開です。

話を聞いたところ、和解金として150万支払い、お互いに今後は干渉しないという結論になったそうです。
和解金に相互不干渉。双方に弁護士を立てて、調停して公正証書を作成したのでしょうか。和解金の相場からすると、相当な高額です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uhiroid “好きでも結婚できない人って、世の中にたくさんいるんですよ。” 約2ヶ月前 replyretweetfavorite