現実は『宇宙兄弟』より困難? NASAで働く小野さんに聞くチームの話

マンガ『宇宙兄弟』を題材に、リーダーシップチームビルディングについて学ぶ本を書いてきた組織開発ファシリテーターの長尾彰さん。宇宙開発のプロジェクトは、まさにリーダーシップを活かしたチームづくりを学ぶ格好の題材だと言いますが、実際の現場はどうなんでしょうか…? 今回、NASA(アメリカ航空宇宙局)のジェット推進研究所で火星探査ロボットの開発に携わっている技術者・小野雅裕さんと長尾さんで、NASAの「チームづくり」について対談を行いました。

▲(左)小野雅裕さん、(右)長尾彰さん

映画の中でしか知らないNASAのリアルとは?

長尾彰(以下:長尾) 今日はよろしくお願いします。NASAは僕の日常から離れすぎていて、違う世界の生き物と遭遇している気分です(笑)。

小野雅裕(以下:小野) いやいや、そんなことないですよ(笑)。

長尾 NASAで実際に働いてみて、驚くことは何ですか?

小野 そうですねぇ…。僕は、2013年からNASAで働いてますが、最近は驚いた記憶がありません。でも、入ったばかりの頃は、驚くことが多かったかもしれない。例えば、構内に野生の鹿が歩いていたり…。

長尾 鹿ですか(笑)。

小野 最初は写真を撮ったりして、騒いでましたけど、最近は見向きもしなくなりました(笑)。なぜかというと、毎日が必死だからです。プロジェクトを成功させるプレッシャーが強いし、予算を巡る競争は激しいし、常に安心を与えてくれないハードな環境なんですよ。日々がむしゃらに働いているので、驚く暇がないのかもしれません。

人集めも、チームづくりも日々悩むことばかり…。

長尾 NASAでの日々の仕事は「部」「課」といった部署ごとではなく、プロジェクトごとに行われるんですよね?

小野 そうです。それぞれのプロジェクトには決められた期間と予算があり、一人の職員はたいてい複数のプロジェクトに携わっています。そして、職員の給料は、費やした時間に応じて、プロジェクトの予算から支払われます。

長尾 小野さんもプロジェクトのリーダーを務めているんですよね。大体、何人くらいのメンバーがいるんですか?

小野 今の僕のチームは、全部で10人から15人くらい。いろんな国の人がいますよ。僕みたいな日本人もいれば、インド人もいますし、アメリカ人といえどバックボーンは全然違いますからね。

長尾 チームでプロジェクトを進めるのに苦労していることは何ですか?

小野 もう数え上げればきりがないですよ(笑)。例えば、自分のチームにスター選手みたいな人を入れたいじゃないですか。でも、彼らは引く手数多で、どこからでも声がかかります。僕なんか、NASAではまだ若手だし、獲得している予算額も少ないから、人の取り合いに勝つのが難しいんですよ。

長尾 人材獲得合戦なんですね。

小野 でも、仮にスター選手を獲得できたとしても、彼らに要求を強く突きつけると、「じゃあ、いいよ。違うプロジェクトでやるから」となってしまう。でも、好き勝手させていいわけでもないし…。こんな具合に、日々悩むことばかりです。

チームづくりは2人でリードすることから始めよう。

長尾 なるほど。メンバーのリクルーティングも大変だし、その後のメンバーをどうまとめるのかも大変なんですね。

小野 はい。でも、成果を出すにはいい人材が人用だし、チームで取り組まないと望んだ結果は手に入りません。何かいいアドバイスはありますか?

長尾 『宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話』の本に書いたことなんですけど、2人でリードするといいかもしれません。

長尾 そもそも、リーダーひとりでチームをつくって、全員をまとめるって大変じゃないですか。だから、もうひとりの仲間を見つけて、2人でリードすることを「Co-Lead(コ・リード)」と言っています。

小野 つまり、相棒を見つけるということですね。

長尾 特に、小野さんと違うリーダーシップを発揮できる人と組むといいかもしれません。本では、リーダーシップのスタイルは4つに別れると書いているんですけど、小野さんは、どのスタイルだと思いますか?


小野 ……僕はこの中だったら「マエストロ型」かなぁ。

長尾 成果にこだわる職人肌ですね。結構ひとりで黙々とやるのが好きなタイプですか?

小野 はい。あと、僕は指示を出されるのが極端に嫌いなんですよ(笑)。何か課題を与えられて、それを自分の頭で考え、行動するのが好きなんです。

長尾 なるほど。そうすると、この対角線にいる「ティーチャー型」の人と組むといいかもしれない。小野さんが黙々と作業している間に、みんなの様子をうかがって、悩んでいるメンバーがいたら教えて回れる人です。

小野 あぁ…確かにそういう人がいると助かりそう(笑)。

遠くへ行きたいならみんなで行け。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「強み」を活かした4つのリーダースタイルでチームがぐんぐん面白くなる!

この連載について

初回を読む
マンガ『宇宙兄弟』から読み解くチームづくり【特別インタビュー】

長尾彰

人気マンガ『宇宙兄弟』のエピソードを「リーダーシップ」の視点で考察し、ヒットを記録した書籍『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』(学研プラス)に続く第2弾が、ついに発売! 「リーダーの在り方」がテーマだった前作に対し、より具...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

takeaki_0 NASAのはたらきかたおもしれー!仕事は基本プロジェクト型で、NASA内人材をリーダーが引っ張ってきて仕事がはじまるんだって。給料もプロジェクト予算からくる。そりゃあ生産性あがるわ、めちゃくちゃ過酷な環境やね・・ https://t.co/3vkCKDcEFH 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kei4ide コチラの記事のライティングを担当させてもらいました! 宇宙兄弟の話をして欲しいのに、ふたりがずっとスターウォーズの話をしていて「大丈夫かな」と思いましたが、無事にいい話が聞けました(笑)。 https://t.co/dgfGvmuZ9d 6ヶ月前 replyretweetfavorite