他人の心配をせず“自分本位”にできるだけラクに生活を設計する方法

他人の心配より自分自身の心配をしたほうが、ずっと健康的だし建設的です。自分本位にできるだけラクに楽しくできるように生活を設計していく考え方を紹介します。ひろゆき氏の最新刊『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(4月9日発売)から、“自分に甘い人”が一発逆転できる無敵の時間術を特別大公開。★毎週月・木曜日更新★

悩みごとの99%は、どうにもならない

自分の力では、どうにもならないことで悩むのも、時間の浪費とストレスにしかなりませんね。だって、悩んだところで、どうにもならないんですから

にもかかわらず、「どうしよう」とか「どうにかしてやろう」なんて葛藤している人も、けっこう多いんじゃないかと思います。

たとえば、他人を変えようとする人。正義感の強い人ほど、自分の常識と食い違うことをする人を「改心させよう」と頑張ったりしますが、だいたいは徒労に終わります。自分だけがストレスを抱え込んで、大損こくわけです。

日本とフランスを行き来していると、あちらの常識がこちらの非常識だとか、逆にこちらの常識があちらの非常識ということにたくさん遭遇します。

それもあってか、僕は「えっ、おかしいじゃん」と思うような状況でも、ひと呼吸置いて考えることがクセのようになっています。

そうしているうちに、日本人のおかしな行動を見ても「へえ、こういうところも違うんだな」と思うだけで、あまり腹が立たなくなりました。

よく言われることですが、他人を変えることなんて、そう簡単にはできませんよ

人には主観というものがあるのだから、感覚も常識も何もかも違って当たり前だし、そこに正解や不正解はありません。

ということは、本質的に説得は不可能です。そこでストレスを溜め込むよりも、一歩引いて相手を眺めて、「へえ、こういう人もいるんだな……」「もう勝手にしてくれ、知ったこっちゃないわ!」と捉えたほうがラクなのです。

まあ、仕事面や金銭面で実害を被る可能性がある場合は、別の対処法を考えなくてはいけませんが。

自分の力では、どうにもならないことで悩む人。もっと壮大なところで言うと、国や世界のことを憂える人もいます。

でも、そんなことより自分自身の心配をしたほうが、ずっと健康的だし建設的です。

こう言うと、「自分のことしか考えないのはよくない」なんて思うかもしれませんが、それの何がいけないのかと思いますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

“自分に甘い人”が一発逆転できる無敵の時間術

この連載について

初回を読む
ひろゆき】なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23

ひろゆき(西村博之)

2ちゃんねる、ニコニコ動画、ペンギン村……それまで誰も思いつかなかった〈価値〉を生み出し、人より多くの〈お金〉と〈自由〉を手にした男・ひろゆき。“時間”や“成果”に追われるあなたに向けて、コスパよくひとり勝ちするための時間術を語る。★...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません