自分に正直であろうと決心したときのこと|5

交換日記も三往復目です。自由とか言葉とかをジワジワと侵食する、SNSとの距離の取り方や付き合い方って大事ですよね。必要な情報は自分から探さないと見つからないけれど、不必要な情報は勝手に目に入ってくるものですから。冒頭に書いてある土門さんのSNSからの距離の取り方が大胆で、そしてとても実用的でした。オマケ情報は『裸一貫! つづ井さん』でした。すでに漫画情報コーナー。(毎週火曜日更新)

サクちゃんへ

こんにちは。
サクちゃん、春が苦手なんですね。わたしもすごく苦手です。1年のうちで、いちばん気分が不安定になるとき。今年もまた、変わらず不安定です。

でも桜はやっぱりきれい。鴨川沿いは、一気に桜色になり壮観です。
「桜林」、響きの美しい苗字です。お互い、名前に花の名が入っているのも共通点ですね。

ー・-・-

さて、2週間ほど前に、スマートフォンからTwitterとFacebookのアプリを消しました。

わたしは少し活字中毒なところがあり、昔から暇さえあれば活字を読んでいたんです。
そんなわたしにとってSNSは格好の媒体。どんどん更新されるし、内容もおもしろくて刺激的で。でも、だんだんそれが自分を蝕んでいることに気がついたんです。

誰かの発言に対し、誰かがリアクションする。それがおもしろいはずなのだけど、「アクション→リアクション」の流れを多く目にすることによって、「こういうことを言うとこういうふうに言われるのだな」という型を知ってしまいました。
それはいい働きをすることもあります。現代の価値観を知ることができるし、人を傷つけない言い方を学ぶこともできる。でもその型を知りすぎて、いつの間にか他者のリアクションを内面化してしまっていることに気がつきました。「こんなことを書くと、誰かにこんなふうに批判されるのでは」と、リアクションの内容が具体的に想像できてしまう。
すると自然な流れとして、自分の言葉でものを話すのが怖くなってきてしまったんです。これには困り果てました。

わたしの仕事は、書くことです。しかもその内容は、客観的事実よりも主観的事実のほうを多く含みます。それなのに、批判されることを想像しすぎて書けなくなってしまうのでは、仕事にならない。
それで危機感を覚えて、SNSから距離をとることにしたんです。

ー・-・-

わたしが惹かれるのは「自分ひとりの言葉を持っている人」であり、わたしが大事にしているのは「自由」。
それならば、「蘭ちゃんにとって『自由』と『言葉』はもしかしたらとても似ているのかもしれないね」 とサクちゃんは書いてくれました。本当にその通りです。

以前書いたように「自由」が「壁に囲まれた個人の領域」であるならば、わたしの求める「自分ひとりの言葉」はそこで生み出されているように思います。
そしてわたしは、その言葉を伝えることを仕事にしている。
だから、SNSが「壁に囲まれた個人の領域」を侵食しているのに気がついて、距離を置いたのだなと今理解しました。

勇気を出して、「自分ひとりの言葉」を文章にして伝える。結果、読んでくださった方にもまた、その人自身の「自分ひとりの言葉」を感じてほしい。それを持っていていいのだと思ってほしい。
わたしが持つ、ひとつの野望のようなものです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません