感情労働の時代#2】理解できない部下や上司にどのように向き合うべきか

職場では今、従来からの人間関係の悩みに加えて、パワハラや逆パワハラ、正規社員対非正規社員、成果主義などの問題を背景に、孤立感や怒り、不安といった負の感情が、至る所で渦巻いている。

職場で必要になる感情労働

理解できない部下や上司にどのように向き合うべきか

職場では今、従来からの人間関係の悩みに加えて、パワハラや逆パワハラ、正規社員対非正規社員、成果主義などの問題を背景に、孤立感や怒り、不安といった負の感情が、至る所で渦巻いている。これらの感情にとらわれすぎて、本来の仕事がおろそかになったり、深い傷として残ったり、肉体的な疲労と重なってメンタル的な不調につながることもある。今や感情に絡む仕事の悩みは、誰にでも心当たりがある身近な問題といえるだろう。私はこの現象を「感情労働シンドローム」と名付け、さまざまな職場を取材した。

理解不能な部下とどう接すればいいか

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar へぇーー、思った以上に新入社員冷めてるゥ 6ヶ月前 replyretweetfavorite