たどりついたのは、もちろん水商売#6

世界初の対話型レズ風俗「Relieve」のオーナー兼キャストとして活躍する橘みつさん。会社を解雇されてから、生きるために銀座のガールズバーで働きはじめたみつさんは、意外な問題に直面します。

2 生きるため、銀座の高級クラブでホステスに

冷えたグラスにアイスピックで切り出した丸い氷をからりと入れて、上から黄金に輝くウイスキーを静かに垂らす。氷の表面がなめらかに溶け出したら、マドラーでさらりと混ぜたら出来上がり。できたオンザロックをカウンター越しに差し出せば、客は極上の一杯を舌先で味わう。その味がより美味しくなるように、わたしは微笑む。

ここは銀座六丁目のとあるガールズバー。古い雑居ビルに入って9階に上がったところにその店はある。フロアをつらぬく大きな飴色の木製のバーカウンターと、白い制服を来たお姉さんたちが厳選されたシングルモルトを提供するスタイルが愛されている名店だ。わたしの復職の第一歩は、この店のフロアレディだった。

会社を突然解雇されてから1ヶ月、とりあえずベッドで横になっているだけの生活からは抜け出した。それでも、処方薬をしっかり飲み、ひたすら眠り体を休めることを中心とした生活は変わらない。だから、わたしにとって1日は数時間しかなかった。働けるだけの体力を溜めるために必要な休養時間を差し引くと、手元に残るのは1日あたりたった4、5時間だけ。仮に毎日働いても、ひと月に労働時間に当てられるのは150時間しかない。この中で、ひとりで生活していけるだけのお金を稼がなくてはならなかった。限られた時間で稼ぐことができて、職歴を問われない仕事と言えば、行き着くところはもちろん水商売だ。

夕方から4時間、薄汚れた水が詰まったように重い体を引きずり、心の焦点が合わないまま客席に立つ。客側から見える上半身は遜色がなく見えるように、いつもより化粧は濃くしておいた。笑顔と丁寧な仕事ぶりの下では、惨めさや深い焦燥感との戦いに必死だったが、意外な発見もあった。高給に加えて少しでも真っ当なところで働きたい一心で選んだ店だったが、思いのほか居心地が良いのだ。

銀座のガールズバーは夜の街の〝本番〟ではない。たいていの客はその周辺のクラブ目当てで立ち寄って、21時頃になれば馴染みのホステスのいる店に消えていく。お店の子との同伴前の待ち合わせや、飲み始めの店として使われることが多いのだ。最初は夜の世界で働くことに警戒していたが、入ってみると拍子抜けしてしまうぐらい客層が良くあっさりしていた。銀座という土地柄のせいか客も遊びなれており、悪酔いすることもなくさらりと綺麗に飲んで帰っていく。お店の女の子の扱いも丁寧だし、客もホステスの同伴してやってくるため、そもそもこちらをそういう対象として見ない。お酒が飲めて、人とちょっと話せる。それ以下でもそれ以上でもなかった。

お店でのコミュニケーションは基本的に女の子と客の一対一、たまにマスターが混じるくらい。1日の中で接客するのもせいぜい5、6人と限られている。バーカウンター形式だから、お客さんはこちらを向いて話す形になり、ちょうどグラス越しに目が合う。寝不足のせいで落ち着かない体と、ほっておくとどこか深い穴に吸い込まれていってしまいそうな心でも、誰かに見つめられると不思議と自分の中に芯が立ってくる。これがわたし、この人が見ているのはわたし。そうやって自分の輪郭をなぞれば、磨耗して軋む胸の奥から相手の話に合う反応が返せる。その的確さとみずみずしさに、自分で驚くこともあった。

男性客とホステスさんがやってきたときのこと。その女性は家族と仲が悪いらしかった。

「お盆も実家には帰らないかなー、疲れちゃうし」彼女の常連客らしき男性は、わかったようにたしなめる。「そうはいっても、家族は家族じゃん。やっぱりいざとなったら頼れるし安心できるんじゃないの? 困ったらサユリの相談にだって乗ってくれるんだから、いい親じゃない」サユリと呼ばれたその女性はその返しに黙ってしまう。わたしは気がついた、この沈黙は納得しているんじゃない、絶望して黙っているんだ。彼女の目の光が消える前に、わたしはさり気なく、しかし当然のことのようにいった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話

橘みつ

世界初の対話型レズ風俗「Relieve」のオーナー兼キャストとして活躍する著者は、なぜ、レズ風俗で働くのでしょうか? お客さんの「人生のきっかけ」を共に探したいと願い、これまで200人以上に向き合ってきた彼女が、どんな人生をおくり、い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PagannPoetry 第6話です。水商売って、本当に生活に困ったときの命綱だったりするんですよね。今回のような事態ではその命綱すら無くなっているわけですが…。 |橘みつ @mitsu_lesbian https://t.co/HPkp3EAePn 7ヶ月前 replyretweetfavorite