​価値観が大きく変わる時代に、多様性が求められる理由

新型コロナウイルスの影響で世界各地で「Stay at home」が叫ばれています。これまでゲームに否定的な意見を示していた人たちもゲームを推奨するように。ひとつの価値観に染まることの危うさを伝えているのかもしれません。

こんにちは。

マレーシアは行動制限が出て二週間。

どうやら世界は新しいフェーズに突入した感じがあります。
新しい世界では、静かに常識が変わりつつあります。

興味深いのは、全世界的に起きている「Stay at home」の大合唱。
つまりは、「オタク的・引きこもり的なライフスタイルの見直し」です。

日本でも、イタリアの市長が外出する市民に対し、「家でプレステで遊んでろ」と言ったのが有名になりました。

あのWHOがゲームメーカーとタッグを組んで「家にいろ」キャンペーンをやっているようです。

COVID-19の流行が深刻な欧州や北米で広汎な外出禁止令がでているなか、自宅で遊べて人と交流できるゲームは精神的な健康を保つ1つの手段となり得ます。

WHOの米国大使Ray Chambers氏は「#PlayApartTogether」に寄せた声明にて「COVID-19パンデミックを食い止める一助となるゲーム業界の取り組みに感謝します」とコメント。ゲーム内のチャットやSNSで 「離れて遊ぶ」楽しさを伝えながら感染症対策について考えるときに #PlayApartTogether のハッシュタグを使うことを推奨しています。

WHOとゲームを巡る動向として、この取り組みは注目に値します。WHOは昨年2019年5月に「ゲーム依存症」を国際疾病分類に追加し、その是非を巡って議論が沸きました。日本では香川県が青少年のゲーム利用を1日60分までに限定する「香川県ネット・ゲーム規制条例」を成立されています。

そう。今までは、「家でゲームばかりしてないで、外で遊んできなさい!」だった権威のある人たちが、いまは「外で遊んでないで、家でゲームするかテレビ見てなさい!」って言うようになったのです。

大転回が起きているのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suke0418 価値観が大きく変わる時代に、多様性が求められる理由|野本響子 @mahisan8181 | 7ヶ月前 replyretweetfavorite

mikakofuse 「家でゲームばかりしてないで、外で遊んできなさい!」だった権威のある人たちが、いまは「外で遊んでないで、家でゲームするかテレビ見てなさい!」って言うようになったのです。 | 7ヶ月前 replyretweetfavorite