安倍昭恵だと何をしても許される感じ

今回取り上げるのは、新型コロナウィルスでさまざまな自粛要請を受ける中、花見をしていたとして批判された安倍昭恵です。首相夫人は私人か公人か問題や、森友学園にまつわる問題など、何かと話題になることが多い首相夫人について、武田砂鉄さんが考えます。

妻の宴を「これはセーフ」と断定

新型コロナウイルス感染防止のため、それぞれの生活が制限され続けているが、政府の専門家会議が立食パーティーや飲み会を避けるように呼びかけた後で西村康稔経済再生相が「杉田水脈を育てる会」に参加していたり、東京都で外出自粛が要請された先週末、菅義偉官房長官がわざわざ沖縄に飛び、大勢を引き連れて商店街を出歩いて握手したり、国民に注意喚起する立場の人が、率先して「自分には関係ねぇよ!」と破っていく。当然、「あっ、やっぱりまだ大丈夫なのかな。騒ぎすぎなのかな」という印象が頭に芽生えるが、その芽生えは間違っている。

『週刊ポスト』が、安倍昭恵夫人がモデル・藤井リナやNEWS・手越祐也などの13人と共に桜をバックにした写真を掲載した。3月下旬に撮られたとある。その旨を国会で追及された安倍晋三首相は、「東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行っていた事実はない」「知人とレストランで会合を持った際、桜を背景に記念撮影をした。レストランの敷地内の桜の下で撮った」と弁明した。これを受けて、週刊誌側への批判も殺到したが、騒動発覚前の「FNN PRIME ONLINE」にある東京都の担当者のコメントによれば、「大人数のお花見をしている場合には、自粛の要請の声かけをする可能性がある」「家族など、少人数のお花見であれば、問題ない」とある。13人で賑やかに写真を撮る行為が「アウト」とは言い切れないが、国民に様々な自粛を要請する側の人間が、妻の宴を「これはセーフ」と強気で断定しているのは、説得力に欠ける。

たちまち警察に話を聞かれると思う
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uyusono_2016 https://t.co/5ihgDM2Ul7 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kazooGL30 #SmartNews →何をしても許してやるから今すぐ日本から出ていけ。 https://t.co/HctpT1Ys7r 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Tnobusige 森友学園問題では職員が亡くなった。その職員が手記で上司を名指しした。残された妻が告発した。なぜ改ざんしたか細かく明らかになっていない。改ざんした文書からは「安倍昭恵」の名前が消えていた。極めてシンプルな話、再調査すべきだ https://t.co/3qNajRBnsd 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Tnobusige #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite