家族に自分の考えを押し付けてしまう

今回、牧村さんのもとには「家族に自分の考えを押し付けてしまう」と悩む方からの相談が届きました。「家族とほど良い距離で接するにはどのような心がけをすればいいのでしょうか?」という相談者さんに、牧村さんはご自身のお祖父様のエピソードを紹介しながら、どうすればいいかを一緒に考えていきます。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

読者さんからのご投稿をもとに、“こうすればハッピーエンドです!!”ってアドバイスをせず“どうしたら次の章へ移れるかしらね、人生”って一緒にもくもく考えたいこちらの連載、「ハッピーエンドに殺されない」。

気持ちいいんですよね。「それはダメだよ。こうしなよ!」って言うの。その、なんか誰かを否定する気持ちよさにハマってしまう感じ。実は、自分こそ自分のやってることを本当にいいと思えてない状態にあることが原因だと思っていて。

他者を否定することは、自己を肯定したい気持ちのあらわれ。みんなが不安で世の中もSNSも荒れがちな今日、「それはダメだよ。こうしなよ!」って叫ばれるのもつらいけど、叫ぶ人の内面もきっとつらい。どうしよっか。今回は、「家族に自分の考えを押し付けてしまう」とお悩みの方からのご投稿をもとに考えていきます。

まきむぅ、こんにちは。

崩れかけていた心を包みこんでくれるような言葉をこの連載で頂けてとても救われました。ありがとう。


私が今、悩んでいることは 家族に対して自他境界を引けないせいで相手を傷つけてしまうことです。

他人に対してはあまり興味も無く、自分から人と深く関わることは滅多にありません。でも、家族だと自分と相手を混同してしまうことが多々あります。

例えば妹と母が話しているときに自分には聞かれてもいないのに「私だったらこうするのに」とか、「そんなことをするなんて変だから辞めて」など自分の考えを相手にぶつけてしまうことがありました。

家族といえども他者、自分の思い通りに動くはずが無いことを頭では分かっていても、気づいたら口を出してしまいます。

家族にも自他境界を引き ほど良い距離で接するには どのような心がけをすれば いいのでしょうか?

(ご投稿を全文そのまま掲載しました)


考えて考えて、文章にして送ってくださって。ありがとうございます。読ませていただきました。

じゃ、この文章、妹さんとお母さまにお見せしませんか?

えへへ。ごめん。それができたら苦労してないですよね。ま、それができたら一番だとは思うんですけどね。

とにかく、ご投稿者の方、この連載に送ってくださってありがとうございます。読者さんと一緒にこれを広く読めるのはすごく意味があることだと思ってて、なぜなら、「あ、めちゃくちゃ否定してくる家族もそれはそれで苦しんでたりするの?」って思うきっかけにできるからです。内面〜。人間の内面に対する想像力〜。

「だから許し合おう☆」……とは簡単には言わないです。考えていきましょう。わたしちょっと、否定的な態度をとる人の例を思い出して書き出すね。

あなたの人生で、否定的な人っていましたか?

わたしの人生だと、例えば、こんな人かなあ。

(1)「コンビニ食品を滅ぼし、天然無添加無農薬食材をみんな食べるべきだ」と主張する人。「では、コンビニ食品を食べる人と話したことがありますか? その人たちはそれぞれ、なぜ、コンビニ食品を食べるのだと思いますか?」と聞いたら、「バカだからでしょ。バカと話しても仕方ないじゃない」と吐き捨てた。

(2)「お前ら同性カップルには子供ができないから本当の家族にはなれない」と、わたしのネット生放送に匿名コメントをしてきた人。「あなたは、子供のいない夫婦のことも家族じゃないって思うんですか? あなたにとって家族ってなんですか?」と聞いたけど、質問には答えてくれなくて、「養子を取りなさい。ウソの子供を愛しなさい。ウソの家族をやりなさい」みたいなコメントを連打してた。すごかった。

(3)「東大に進学して欲しかった……」と言ってきたわたしのおじいちゃん。理由は超明確。「漁村に生まれ地引き網を引く子供時代を戦争が襲ったので学校に行けず即就職したが、戦後豊かになってみたら、年下の大卒に社内レースでガンガン追い抜かれ、『大学も出てない人はやっぱ字が汚いですね(笑)』と言われ、『くそっ。大卒がそんなに偉いか!』とブチギレてめっちゃ字を練習して書道家になったレベルの負けず嫌いだったから」。

え、おじいちゃんマジ人間くさい。すき。

ってことで(1)から(3)まで並べてみました。(3)のおじいちゃんだけ理由が超わかる。それはたぶん、一番向き合ったからだよね。あなたが人生で遭遇した否定的な人リストについては、どうですか? 理由わかる人、いる? わかんないにしても、その否定的な人たちが、もし、

・他人に対してはあまり興味も無く
・家族といえども他者、自分の思い通りに動くはずが無い
・自分が相手を傷つけてしまうことに悩んでいる

って、こうやって書いて、悩んでるって知ったら、どう?

わたしは、「もー! 素直に“愛して”って言ってよー!」って思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 ❝人は人を傷つけるよ。 人は人を嫌うよ。 でも、それには必ず、背景があるんだよ… https://t.co/yzXqxsfoDg 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kiracorico ”どうしようもないくせにあきらめられないそれを、どうしよっか。” 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Nixie_SS その人が吐いた言葉は、その人がいつか言われたかもしれない言葉 私は暴言の9.9割は意味のない言葉として、マジメに聞いていません 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

3iccc333 https://t.co/wMesNyIUZj 2ヶ月前 replyretweetfavorite