第3話】エロティカ作家に出された課題

ノーラから自分の出自に関する衝撃的な質問をぶつけられてたじろぐザック。どうやらこの作家は自分について事前に色々と調べ込んでいるらしい。そして自分に編集担当者となってもらうことを強く望んでいる。すぐに断って立ち去るつもりだったザックですが……。大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社の刺激的な新レーベル”エロティカ”より、9月15日に発売された小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部をお届けします。

 ザックは彼の後ろ姿に目をやった。この女性とふたりきりにされて、うれしいのかどうかよくわからない。

「息子さんなのかな?」

 ザックはウェスリーがいなくなってから言った。

「うちのインターンってとこ。料理もしてくれるから、どちらかというと雑用係かしら」

「下僕とか」

 ザックは豊富なボキャブラリーを再び活用した。

「しかもよく仕込まれているようだ」

「仕込まれてる? ウェスリーが? ええ、すごく仕込まれてるのよ。私とファックすることも教えこめないくらい。でも、あなたがはるばるニューヨークからやってきたのは、うちのインターンの話をするためじゃないわよね。あの子かわいいけど」

「もちろんだ」

 ザックはそこで黙った。ノーラ・サザリンは椅子に寄りかかり、不安な気持ちにさせる目でザックを観察している。

「それに……」

 彼女が口を開いた。

「あなたが私を好きじゃないのがわかるわ。私についていろいろ聞いてるってことね。私はあなたの予想どおりだった?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
セイレーンの涙—見えない愛につながれて

ティファニー・ライス

大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社から、刺激的な新レーベル“エロティカ”が初めて刊行されました。これを記念してcakesでも、“エロティカ”から9月15日に発売された小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

water029 【第3話】エロティカ作家に出された課題|セイレーンの涙――見えない愛につながれて|ティファニー・ライス|cakes(ケイクス) あとで読もう。 https://t.co/kjA8J1vTNC 5年弱前 replyretweetfavorite