うちの子は課題だらけ!」と感じている親御さんにおすすめしたい「リフレーミング」

親はつい子どもの「足りないところ」が気になってしまいます。しかし、子どもの個性はパズルのピースの凸凹のようなもの。きれいな四角にする必要はないのですーー。放課後NPOアフタースクール代表の平岩国泰さんが、5万人の子どもと向き合う中でたどりついたメソッドをご紹介。全国の親御さんから大反響の『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

「短所矯正型」の考えでは 課題はなかなか解決しない

日本の教育には「弱いところ、足りないところを改める」という短所矯正型の考えがあります。

そうした教育は、自己肯定感を育む上ではマイナスが大きいです。また、せっかくの長所を伸ばす意味でも損な部分があります。 短所は克服しようとばかりしてはもったいないと、私は考えます。 そもそも、どんな子でも「長所しかない」「短所しかない」という子はいません。 短所はその子の個性であり、長所の裏返しでもあるからです。

アフタースクールの活動の中で、ちょっと落ち着きがない子がいました。

集中しなければいけないときにきちんとできていない。みんなで整列しなければいけないときに、どこかへふらふらと行ってしまったりする。「ほら、C君、ちゃんとするよ!」「今はしっかり話を聞く時間だよ!」と注意されることも多い。幼稚園、保育園、小学校といった集団生活の中では、こうした子は「ちょっと困った子」と捉えられがちでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売後たちまち4刷!】子どもが12歳になるまでに親が読んでおきたい一冊!

この連載について

初回を読む
子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

平岩国泰

「やってみたい」「きっとできる」が口グセの子どもはどう育つ? 5万人の子どもと向き合ってきたNPO代表が提唱する新しい子育ての基本。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません