女性って、男性のどんなスキルにときめくの?

恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や女性のことでモヤモヤしている男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」を具体的にレクチャーするこの連載。今回は、女性がときめく「スキル」についてのお話です。家で過ごす時間が増えつつある今こそ、自分を磨くチャンスかもしれません。

こんにちは。相変わらず新型コロナウィルスが予断を許さない状況ですが、皆さんお元気でしょうか? トイレットペーパー、足りてますか?

いや、いまだに毎朝、両脇にトイレットペーパーを抱えて薬局から帰るご老人たちがいるんですよね……不安なのは分かる、分かるけどそんなにいらんじゃろー!分かち合いの精神は!?てか、何なんその朝イチ行列力!!(笑)と、夫婦で話してます。自分では動かしようのないことへのモヤモヤは深刻に捉えすぎずユーモアで包んで気心の知れた相手とシェア。日々を鬱屈させないコツかもしれません。笑えば免疫力もアップしますしね!

では、今回のテーマに行ってみましょう。家で過ごす時間が増えつつある今こそ、自分を磨く時間に使ってみては? というお話です!

どんな女性にとってもポイントが高いスキル

このスキルを持ってる男って、モテるよな。

……そんな風に思ったこと、ありますか?

たぶん、料理なんかは一番連想しやすいスキルですよね。美味しいモノが嫌いな女性なんていませんし、そこに愛情もこもっていたら、なおのこと嬉しいもの。

いや愛情とか以前に、料理を女性だけに任せず自分でする意欲があるだけでポイント高いわ〜と思う女性は多いと思います。

特に女性がバリバリ働いている場合、「この人は結婚しても家事をちゃんと分担できる人かも」と将来のパートナー好捕としての評価も高くなります。古い価値観にとらわれていない男性、という印象になるので。

てことは、専業主婦希望みたいな女性には響かないの?と思うかもしれませんが、そんなことはないです。体調を崩して倒れたとき、「メシは?」と夫に要求され離婚を決める女性もいます。いざというとき料理ができるのは、どんな女性にとってもポイントが高いはずです。

で、別に手のこんだ料理を作れなくても全然いいんですよね。一日かけてフォン・ド・ヴォーを煮込む男性より、味の素の冷凍餃子(名品)をいい感じに焼ける男性の方が女性からすると高評価かと(笑)。もちろん記念日とか、ゆっくりできる休日に豪勢な料理を作ってくれたら感激すると思いますが。

もう1つの定番スキル

他には。これも定番といえば定番ですが、車の運転ができること。個人的には運転できてもできなくてもどっちでもいい派ですが(笑)気にする人は気にします。というか、重視する女性はそれなりに多いです。特に若めの女性。

というのも、自動車学校の先生を好きになる女性、結構いるんですよね。狭い車に年上の男性とふたりきりというのが擬似デート感覚をもたらすのか、20歳そこそこの女性にとっては運転ができる=大人、に見えるのか。

あとは、自分が学んでいてまだ習得できていないことをスイスイこなせる男性にときめく女性はいつの時代も必ずいます(学校の先生を好きになる女性もこのタイプかと)。

いずれにせよ、付き合う男性は絶対運転できる方がいいし車を持ってる方がいい!と思っている女性は一定数いるので、免許を取ろうか迷っているのなら、取っておくのはアリかもしれません。

一方で、自慢の愛車を見せたくても出会ってすぐドライブデートをするのは危険! とワタシは思っており、こちらの記事「初デートでドライブデートだけはやめた方がいい」でその理由を語っているので、併せて読んでみてください(笑)。

盲点ともいえるスキル

さてさて、女性がときめくスキルはまだあります。

メカに強い。 これも、ときめく人はときめきます。AV機器の配線とか、パソコン周りの設定とか。こういうのが苦手な女性には、頼もしく感じられるものです。

それ、便利に思われてるだけじゃね?と思うかもしれませんし実際そういう側面もありますが(笑)、尊敬されているのは確かです。そして、メカに限らず理系好き女子というのは存在します。電話相談のリピーターさんにも、理系男子とばかりデートする女性がいたりします。

次。お酒に詳しい。 これ盲点じゃないかと。普段は男の色気なぞ全く醸し出していない男性が、2人でバーに行ったとき「ベンリアックをストレートで」とか言い出したら、えっ!と、これまで知らなかった一面にドキッとする女性は少なくないと思います。色気とはギャップです(詳しくは「女性が男性に色気を感じるのはどんな時?」もご参照ください)。

ただしTPOは必要。バーでも「ベンリアック」、鳥貴族でも「ベンリアック」(ない)の姿勢を崩さずにいたら、絶対に相手の女性から「ベンリアッくん」と呼ばれイロモノ確定です。そうではなく普通にどんなビールも飲むし、キンミヤ焼酎も飲む、選べるなら好きな銘柄のウィスキーも飲む。そんな臨機応変さあっての「お酒に詳しい」が大人の魅力に繋がります。

ちなみに、日頃から遊んで見られる男性は、お酒よりも緑茶や中国茶、台湾茶などに詳しい方がギャップと色気アップに繋がります。日頃の自分のイメージと相反する趣味や得意分野があるなら、それを女性の前で出した方がいいです!

余計なお世話かな、などと思う必要なし
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
初デートの待ち合わせは20時

ヨダエリ

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や男女のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」をレクチャーします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eggplant_3 こういうのを見るとコンサルと同じだなぁと思ってしまう・・ 当たるも八卦 当たらぬも八卦というか・・ 16日前 replyretweetfavorite

Invrader777 車以外は持っているんですけどねぇ。 誰も寄り付いて来ない(笑) 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Letenjoyinlife 即答で料理かと。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

sa89_a 簡単な料理はするし、車の運転は手慣れてるし、メカにも強いけどモテたことありません。 2ヶ月前 replyretweetfavorite