​お酒はなぜ嫌われ者になったか

飲食店を始める方法やコツを何度も書いてきた林伸次さん。でも「バーをやってみたい」という相談を受けると、必ず「やめたほうがいい」というんだとか。それはいったいどういう理由なのでしょうか。

どんどん健康志向になる社会

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、バーに関する本を書いているので、しょっちゅうお店に「バーをやってみたいんですけど」っていう若者が来店するんですね。でも、必ず僕、「バーだけはやめた方が良い。これから全世界的にお酒離れが進むから、20年後、30年後に、お酒専門のお店ってすごく難しくなってると思う」って伝えます。

いやほんと、例えば煙草ですが、こんなに世界で煙草が嫌われることになるなんて、まさか30年前はだれも思ってなかったんです。50年くらい前の日本の都会の交差点の映像を見ると、ほとんどの男性がくわえ煙草を吸っていて、全員がそのまま道路にポイ捨てしていてびっくりしました。そしてその煙草の末路のように、今のお酒もなってしまう可能性ってじゅうぶんあると思います。

飲食や嗜好品って流行があるのですが、ここ最近はずっと健康、自然志向なんですね。わかりやすいところですと、昔カクテルは赤や青や黄色の人工着色を使ったリキュールが主流だったんですね。それが90年代くらいから生のミントやライムを使った「モヒート」や、ミクソロジーという自然由来の流れに変わりました。

ここ最近ずっと流行の、ビオワイン、クラフトビール、サードウエーブコーヒー、クラフトジン、ビーン・トゥ・バー・チョコレートといったものも、要するに「植物本来の味わいを大切に」というコンセプトですよね。

そして健康志向と言えば、ダイエットです。「食はダイエットの流れを押さえておけば良い」と言われるほど、「今、世間では何が太ると思われているか」っていうのに流行は左右されます。昔は「コレステロールをカット」っていう言葉が売りだったのに、今は「糖質をカット」が売りですよね。まあとにかく「健康志向」が飲食の流行なんです。

なぜみんなお酒を飲まなくなってきたのか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kikuchiai_life 無料部分しか読んでないけど、シガーバーで働いてる5年くらい前から、喫煙の次は飲酒が標的になるねって話してた お酒はなぜ嫌われ者になったか|林伸次 @bar_bossa | 27日前 replyretweetfavorite

Kazukings1 お酒はなぜ嫌われ者になったか|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 酒飲みの未来は暗い、、😅 https://t.co/uncIe9N6DA 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

momoirokoneco 「お酒が嫌われ始めたのって、健康志向とか自然志向ではなくて、世の中が「自己管理志向、自己コントロール志向」の方へシフトし始めたんだっていうことに気がつきました」 そういう側面もあるかもしれないな。 https://t.co/6eKfdcfM7t 2ヶ月前 replyretweetfavorite

hirohito_ お酒はなぜ嫌われ者になったか| 2ヶ月前 replyretweetfavorite