努力を無駄にしない方法を仕事と野球の共通点から学ぶ

野村は「正しい努力は必ず報われる」という信念を持っていた。では、「正しい努力」とは何か。あなたがいま取り組んでいる仕事にも応用できる野球の極意とは? 『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

プロにも漫然とバットを振る選手がいる

よく考えて物事に取り組めるかどうか。それは個人が明確な目的意識を持っているかどうかにかかっている。

目的意識を持っていない人は受け身の状態で教えられたことに取り組む。だから、限定的な変化にとどまる。一方で、目的意識を持っている人は自ら積極的に変わろうとする。人に教える立場であるなら、教え子を受け身の状態にさせるべきではない。

目的意識を持たせるため、私はミーティングの場で、しばしば次のような言葉を口にしていた。

「テーマのない努力ほど、無駄なものはない」

意外と思われるかもしれないが、プロ野球では、ただ漫然とバットを振る、ただ投げるだけというふうに、明確な意図を持たずに練習している選手がたくさんいる。世代の新旧にかかわらず、昔からそういう選手は存在していた。

明確な目的意識を持って、考えながら練習に取り組んでいるかどうかは、練習している姿を見れば一目瞭然だ

例えば、右バッターが打撃練習に取り組んでいたとする。バッティングピッチャーが投げる球をすべて思い切り引っ張っているのは、単に気持ちよく打っているだけである。実際の試合で、相手のピッチャーが練習のときと同じように投げてくるかといえば、そんなことはあり得ない。相手は打ち取るために必死で投げてくるし、練習のときと同じような当たりが出る可能性など、10打席のうち1打席あるかどうかである。

一方で、センターから逆方向を中心に、広角で打っていたらどうだろう。試合でヒットエンドランのサインを出されたときのことを想定して練習しているとも考えられるし、ピッチャーに厳しいところを攻められたときの対処法を研究しているのかもしれない。いずれにせよ、何らかの目的意識を持って取り組んでいることがうかがえる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません