褒める」が逆効果にならないために指導者が心得ておくべきこと

世間のイメージとは裏腹に、野村は「褒める」ことも重視した。選手に自信を持たせ成長を促した「褒め方」とは? 褒め方に悩むあなたに、『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

褒め方を間違えばかえって信頼関係を失う

自信を持たせるため、褒めることは確かに有効な手段である。どうやら私には「褒める」イメージが乏しいようで、「ぼやく」「叱る」が専門の指導者と思われがちであるが、決して褒めるという行為を軽視しているわけではない

ただ、褒めるというのは難しい。タイミングが重要であるし、わざとらしい褒め方をすると通じない。「褒めればついてくると思っているんだろう」と判断され、かえって信頼関係を失う可能性もある

本当に褒めたいと思うなら、相手をよく観察した上で、ここぞというときを待って褒めるのがよい。指導者が効果的に褒めれば、たった一言で自信につながり、大きな変化をうながすことも可能となる。

褒めることに関しては、今でも忘れられない思い出がある。あれは、私がプロ入りして2年目くらいのこと。とにかく一軍に上がりたい一心で、私は二軍での練習に必死で取り組んでいた。

努力というのは厄介なもので、やったからといって、すぐに結果が出るものではない。真剣に素振りをしたから翌日打てるかといえば、決してそうはいかない。効果が出るのは2年後、3年後だから、長い目で見て継続する必要がある。だから、みんな嫌になる。しばらくすると、何だかんだと理由をつけて努力から逃げてしまう。

私も合宿先でバットを振っていると、よく先輩たちから冷やかされた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません