まずは“無視する”ことで人を成長させる野村の指導法

前回、野村は人に自信をつけさせる方法について語った。そこにはさらに一歩踏み込んだノウハウがある。人を成長させるためにあえて“無視する”理由とは? 『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

プライドの高い人はあえて無視してみる

自信を持たせ、人を大きく成長させるためのプロセスとして、私は「無視」「称賛」「非難」の三段階があると考えている。これは野球選手の育成に限らず、すべての分野で人を育てる際の原理原則ではないだろうか。

誰だって自分のことが一番かわいい。周囲の人に、何とかして自分の存在を知ってほしい、認めてもらいたいという気持ちを持っている。その強い気持ちを引き出すために、指導の初期においては教える側の人間が、あえて距離を取って、無視するというスタンスが有効となる。

周知のとおり、私はテスト生からプロ野球の世界へと入っている。高校時代、新聞配達で配る新聞を見ていたら、片隅に南海で新人選手を募集しているとの広告が出ていた。どうやらテストに受かると選手として契約してくれるらしい。自分はプロで通用するだろうか。その記事を持って野球部の先生に相談したところ、「おまえなら、ひょっとしてひょっとするかもしれない。行ってこい」と温かく背中を押してくれた。

当日、大阪球場に出向くと全国から300人くらいのテスト生が詰めかけていた。そこで不思議だったのは鶴岡一人監督の姿が見えないことである。

入団した後でわかったのだが、テスト生から一軍に上がった選手はこれまで一人もいないという。テスト生というのは、あくまでバッティングキャッチャーやバッティングピッチャー要員であり、夢も希望もない仕事だから、わざわざ地方出身者を集めて募集しているというのだ。要するに、私は無視以前の、まるで存在を認められないところからのスタートだったのだ。

二軍にいた頃は、鶴岡監督がたまに練習を見に来ることがあった。鶴岡さんがグラウンドに一歩足を踏み入れると、一瞬で場の空気が緊張するのがわかる。バッティング練習をしていても、「監督が見ているか」を常に気にしながら、その反応をうかがっていたのを思い出す。一軍に上がるまで鶴岡監督からは無視され続けた私だったが、「今に見ていろ、絶対に認めさせてやる」という強い思いでバットを振っていた。マザー・テレサは「愛」の反対語に「無関心」を挙げたといわれるが、プロ野球選手のようにプライドの高い人間にとっては、無視されることでやる気を奮い立たせる場合が大いにある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません