指導者の多くが意外に気づいていない何気ない「言葉」の重要性

「言葉」の重要性は誰もがわかっているつもりになっている。指導者であるあなたの「言葉」はどんな力を持つのか? 野村が具体的な体験をもとに解説する。 『野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ』から、日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が指導法の神髄を語る。★毎週木曜日更新★

さりげない言葉も大きな励みになる

今の教育者は「言葉」の重要性をどれだけ自覚しているだろうか。

指導者の言葉に力があれば、教え子は自ら動こうとする。たった一つの言葉で人生が変わるという体験も、教育の場では決して珍しいことではない。だから、指導者は言葉の力を強く認識することが大切である。

私自身も選手時代に監督からかけられた、さりげない言葉が大きな励みとなった経験をしている。

あれはプロ3年目のシーズンが始まろうとする直前、ハワイキャンプに帯同したときのことである。前年までファーム暮らしに甘んじていた私が、なぜ一軍のキャンプに参加できたのか。それは、ブルペンキャッチャーが必要になり、たまたま私が選ばれたからだった。ブルペンキャッチャーを務めるだけでなく、グラウンドの整備や用具の手入れなどもしなければならず、要するに雑用係として呼ばれたのだ。

だが、キャンプにいれば、鶴岡監督にプレーを見てもらえるかもしれない。だから、これは願ってもない展開だった。相当な意気込みで日本を出国したのを覚えている。

幸運なことに、地元チームとのオープン戦が始まると、大きなチャンスが巡ってきた。当時、正捕手だった松井淳さんが故障で戦列を離れた上に、二番手キャッチャーがハワイでの連日の夜遊びを叱責され、出場機会を奪われるという事態が起こったのだ。

安月給で遊びに行くお金もなく、ハワイの宿舎でも日本と同じようにただ素振りを繰り返すしかなかった私に、ついに出番が回ってきたのだ。

その試合でキャッチャーとしてプレーし、打席でもヒットを連発した私は、その後も先発として出場を続け、思う存分に自己アピールできた。結果として、そのまま一軍に上がることが許されたのである。

しかも、帰国後、さらに驚かされる出来事があった。新聞に掲載された鶴岡監督のインタビュー記事にはこう書かれていたのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本プロ野球“最高の教師”の野村克也が「教え方」の神髄を語る

この連載について

初回を読む
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村克也

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません