悪気のない「パパ(ママ)似だから」の口グセが、子どもを型にはめてしまうことも?

小学生ともなれば、子どものさまざまな個性がよりわかってくるもの。そんなとき親は悪気なく「ウチの子は○○タイプだから」「パパ(ママ)似だから」などの言葉を口にしてしまいがちですがーー。放課後NPOアフタースクール代表の平岩国泰さんが、5万人の子どもと向き合う中でたどりついたメソッドをご紹介。全国の親御さんから大反響の『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

子どもの個性を受け止めるのに 「価値判断」は必要ない

本書ではすでに、自己肯定感を育むには「安全基地」が必要、ということを繰り返しお伝えしてきました。では、安全基地を作るために重要な、親の姿勢とは一体どんなものでしょうか。

重要な姿勢のひとつは「その子自身を見る」ということだと思います。

もう少し具体的に言うと、子どもの個性や特徴を把握する上で、むやみに安易な 価値判断を持ち込まないということです。

その上で、子どもが日々何を考え、何を好み、何を得意としているのか、ということについてていねいに見守るということ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売後たちまち4刷!】「やってみたい」「きっとできる 」 が口ぐせの子どもはどう育つ? 子どもが12歳になるまでに親が読んでおきたい一冊!

この連載について

初回を読む
子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

平岩国泰

「やってみたい」「きっとできる」が口グセの子どもはどう育つ? 5万人の子どもと向き合ってきたNPO代表が提唱する新しい子育ての基本。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません