小倉智昭が「芸能史上に残る」とした質問

言及されることは多かったものの、単独でとりあげるのは初めての小倉智昭。自身が司会を務める『とくダネ!』で、ある芸能リポーターの質問を「芸能史上に残る」と評価しました。それはいったいどういうものだったのでしょうか。

「杏さんと唐田さんのどちらが好きか」

東日本大震災発生後、あらゆるワイドショーが震災関連のニュース、とりわけ福島第一原発事故の続報を重ねていたわけだが、その報道が薄まったタイミングがなんだったかと思い出せば、島田紳助の引退会見だった。原発関連のニュースに疲弊してきたところに飛び込んできた大きな芸能ニュースに、各番組が待ってましたとばかりに寄りかかったのだ。先日、唐田えりかと不倫していた東出昌大が映画のトークイベントに登場、そのやりとりを興奮気味に報じる様子を見て、あの時の疲弊を思い出した。

トークイベント後に開かれた会見で、東出に向けて芸能リポーターの平野早苗が「杏さんと唐田さんのどちらが好きか」と問い、その質問に十数秒沈黙、東出は「今ここでしゃべることは妻を傷つけることになると思いますので」と明言を避けた。その真意を推察し、この期に及んで唐田さんが好きだと宣言したのではないか、と受け止める見方も少なくなかったことには呆れたが、万が一、その呆れた見方のほうが事実だったとしても、そもそも、東出は芸能リポーターやカメラの前に向かって真意を述べる必要なんてないのだから、異様な光景である。さすがに「不倫したからって、なんで国民の前で謝らなきゃいけないんだ?」という疑問符が「謝れ!」という圧を上回る世の中になったと信じたいのだが、だとすると、「どちらが好きか」なんて問いかけに答える必要なんてない。

「私個人だったら、あんな質問はできません!」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar 今回も痛快、最高 3ヶ月前 replyretweetfavorite

array 東出さんの芸能レポーターのインタビューについて "今回のような下世話な問いかけについて、結局、自身で責任を背負うことはしない点..." https://t.co/3ZmlJ4KGSw https://t.co/zhCFVrvRp9 #drip_app 3ヶ月前 replyretweetfavorite