星野リゾート 異端の経営

現地のチームが経営判断、「星野流運営」で海外へ

【インタビュー】
星野佳路(星野リゾート代表)

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年9月7日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

ほしの・よしはる/1960年長野県軽井沢町生まれ。米コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。91年星野温泉旅館(現星野リゾート)の4代目社長に就任。

──施設数が急増しています。

 フラットな組織文化というものが利いていて、私があまり関与しなくても日本国内のことはうまく回っています。ですから、今は海外をもっとスピードアップして増やしていくことが大事だと思っています。

 国内観光市場のうち8割を占める日本人が高齢化しており、2025年には団塊の世代が後期高齢者になっていく。国際ホテルチェーンと全く違う運営方法を身に付けてきたつもりなので、そのノウハウを生かして、早く海外で実力を発揮できるようにしたい。

──海外でも星野リゾートの運営方法が通用すると考えていますか。

 星のやバリを見ていただければ分かるように、利用者の満足度も非常に高いですし、スタッフもフラットな組織になじんでいます。

 海外の課題は、運営手法よりブランドイメージにあります。まだまだ世界の中では「星野リゾート=日本のホテルの会社」。例えばバリ島でフォーシーズンズやリッツカールトンと比較されると、国内ほど集客で優位に立てていません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
星野リゾート 異端の経営

週刊ダイヤモンド

経営破綻したホテルや旅館の再生で知られる星野リゾートが、国内外共に出店を急増させている。独特のアイデアで話題づくりを行い、業界の常識とは一味違った運営方法で成長を続け、17年には悲願の海外での自社施設の運営を開始した。独自の組織力を武...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード