肉じゃがを引き立てる意外な調味料「さっぱりマスタード肉じゃが」

時節柄、外出がしづらい日々が続いています。となると困るのは毎食の献立。今回の馬田草織さんのレシピは、前回に続き子どもが喜ぶ料理をご用意しました。豚肉に使う意外な調味料、ぜひお試しください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

桜がどんどん咲き始めている3月。ポルトガル食堂は特別編として、子ども喜ぶシリーズをお送りします。もちろん、大人が喜びつつ子どもも喜ぶ味ですので、ちゃんとおつまみ対応しています。

2回目は、マスタードが隠し味の「さっぱりマスタード肉じゃが」です。あっ、いまあなた、なにそれって顔しましたね。でもですね、これを知ったら、きっともう普通の肉じゃがには戻れなくなりますぞ。

最近取材で20席前後のビストロを訪ねることが多かったのですが、その中の1軒、広尾の「Yoshida house」でオーナーシェフの吉田佑真さんに教わったのが、この肉じゃがです。

ちなみに「Yoshida house」は深夜までオープンしている人気のビストロで、こんな時期でも予約がいっぱい。私のいち押しは「タコの燻製とウフマヨネーズ」。書いてるだけで、食べたくなる。ワインドロボー過ぎるひと皿なんです。

吉田シェフは独立前に代々木の「レストラン キノシタ」でスーシェフをされていたのですが、その頃よくまかないで作っていたのが、このマスタードをたっぷり絡めた肉じゃが。マスタードの酸味が甘辛い味を引き締めてくれるので、甘辛さがありつつくどくない。そして肉だけじゃなく厚揚げを加えることで、軽さも生まれます。

使うのは、冷蔵庫で余りがちな、これです。

今回は、吉田シェフのレシピをさらに簡単にアレンジしてお届けしたいと思います。 では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「さっぱりマスタード肉じゃが」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

supersaworingo これとってもおいしかった。ホントに呑めるしホントに戻れなくなるし。厚揚げが合う合う。子供達にも好評でした |馬田草織 @saoribada |ポルトガル食堂 https://t.co/DzCR3Zq7TC 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

gohstofcain 家にある素材でこれっぽいもの作りました。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

picarinn わ!玉ねぎ、じゃがいも、人参も厚揚げも有るのに逆にマスタードが無いってね😆明日買ってきて絶対作る♪🖐 7ヶ月前 replyretweetfavorite

nnmy___nayumi そういえば家にマスタード残ってた!と思って今日作ったら程よい酸味とコクが出てめちゃくちゃ美味しかった。 7ヶ月前 replyretweetfavorite