中編】ゲーム化するアイドルたちの物語

「どうせアイドルなんて、フリフリした服を着て、お客さんに愛される演技みたいなことをやってるんでしょ?」と思っているあなた。いまアイドルが予想を超えた “えらいこと” になっています! 中編は、Perfumeが見せたロックバンド顔負けのサクセスストーリーと感動のセリフから、ロックやカルチャーシーンにアイドルが台頭する転機となったあのライブまで、ポップカルチャーの分野で活躍する人気ライターとブロガーの3名が語り尽くします。

柴那典(以下、柴) レジーさんは実際にTOKYO IDOL FESTIVALに行かれて、ロックフェスと近い構造を感じたりしましたか?

レジー そうですね、近いものがあると思いました。今年のTOKYO IDOL FESTIVALには指原莉乃が率いるHKT48が出てたんですね。そのステージがめちゃくちゃよかったんですよ。
 何がよかったかと言うと、指原莉乃が自分達のファンだけじゃない場所で何をするかを徹底的に考えてセットリストやMCを作っていた。AKB48の有名な曲を出し惜しみせずどんどんやって、しかも自分たちの名前とキャラが伝わるようなパフォーマンスをしていた。出演者にとって、フェスというのは初めて観るお客さんの心をどれだけつかめるかという勝負の場でもある。そういう構造をちゃんと理解したパフォーマンスだったんです。
※HKT48:2011年にデビューした福岡・博多を拠点とするAKB48の姉妹アイドルグループ

 TOKYO IDOL FESTIVALというのは、アイドルにとって「勝ち抜く場所」であるわけですね。ここで初見のお客さんの心をつかめば、人気を獲得していくことができる。

レジー これはロックフェスでも同じことですね。そういうことを意識してステージに立つバンドは、ちゃんとお客さんをつかんでいく。つまり勝っていく。

 そうなんです。特に邦楽バンド主体のROCK IN JAPAN  FESTIVALにはその傾向が顕著です。ロックフェスって、バンドにとっては「勝ち抜く場所」なんです。どうやってお客さんの心をつかんで、人気を獲得して、メインステージに昇格していくか。そういうゲーム的な構造がフェスにある。

さやわか パフォーマーなんだから本来、当然なんですけどね。ステージで一見さんの心をつかむっていうのは。

 もちろんそれはどんなイベントでも当たり前のことなんですが、ジロックサマーソニックのような洋楽主体のフェスとROCK IN JAPAN  FESTIVALのような邦楽主体のフェスでは少し構造が違うんです。
 フジやサマソニはたいてい海外の大物がトリなんですけど、ROCK IN JAPAN  FESTIVALのような邦楽フェスは、バンドが動員を増やして人気を獲得していくと最終的にメインステージのヘッドライナー(最終出演者)になることができる。そこを頂点にした階層構造が生じているし、出演者たちがそこを目指すゲームになっている。

さやわか トリの座の奪い合いなわけですよね。

 そういうロックフェスの構造があった上で、そこにアイドルグループが進出してきたというのが、2013年の状況だと思います。

さやわか そこでアイドルグループが台頭できたのは、アイドルがパフォーマーとしてお客さんの心をつかむという当たり前のことをきちんとやるのを前提とした存在だったからではないかと思いますね。

 

Perfumeが体現した『BECK』的サクセスストーリー

レジー ROCK IN JAPAN FESTIVALに関して言えば、今年はPerfumeがヘッドライナーをつとめました。そのことが特に象徴的だったと思います。
※Perfume:2005年にメジャーデビューした中田ヤスタカプロデュースによる女性3人組テクノポップユニット

 Perfumeはこれまで5年連続でROCK IN JAPAN  FESTIVALに出演していますよね。しかも順調に駆け上がってきている。たしか、最初に出たのが派生である年末のCOUNTDOWN JAPANだった。

レジー 2007年末は初日のトップバッターで、一番小さいステージへの出演でした。

 その翌年、2008年がROCK IN JAPAN FESTIVALの初登場で、二番目に大きいステージのトップバッターをつとめている。

レジー その時のPerfumeは観てました。すごい混雑で、入場規制でした。

 その翌年のROCK IN JAPAN  FESTIVALがメインステージのトップバッター。それから二年間は昼過ぎの出演。去年がトリ前、そして今年がトリ。見事に勝ち上がってきてる。


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013の最終日、左端メインステージのトリをPerfumeが飾る

さやわか かっこいいですね! 『BECK』みたいだ(笑)。

 そうなんですよ。まさに「BECK的ストーリー」というのがポイントです。ロックバンドの成功物語を書いた『BECK』というマンガが00年代にあって、それはもちろんフィクションなんですが、ROCK IN JAPAN FESTIVALはリアルの場所でその物語性を体感する場所になっている。

BECK(34) <完> (KCデラックス)

レジー Perfumeは2009年頃にはあ~ちゃんが「ここは私達にとってホームです」と言ってるんですよね。だから、彼女たちとしてもROCK IN JAPAN FESTIVALで「上」、つまりもっといい時間帯での出演を目指すという意識はあったと思います。

 しかも、今年のPerfumeのステージであ~ちゃんが感動的なことを言ったんです。
「2006年くらいの一番売れなかったとき、広島に帰ろうと思ったときに信じてつなぎ止めてくれたマネージャーと一緒に、この場所に来れた。それがすごく嬉しいです。誰よりもイモっ子だった自分達が、こんなとこまで来れる。そういう曲をやります」と言って、最後に『Dream Fighter』という曲をやった。


Perfume「Dream Fighter」ミュージックビデオ

さやわか つまり今はむしろ、アイドルがロックバンドのようなサクセスストーリーをきれいに見せてくれるわけですよね。スカした態度を見せずに青春っぽく勝ち上がっていく。それは見ていて熱いものがあるし、楽しいですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アイドルが “えらいこと” になっている—アイドルとロックの蜜月

レジー /さやわか /柴那典

いま女性アイドルグループがなんだか“えらいこと”になっています。ヒットチャートを席巻するのは朝飯前。苛烈な公開人気投票に、プロレス顔負けのマイク・パフォーマンス、メタル張りの激しいヘッドバンキング、そして今年はサマーソニックやROCK...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

mtemk 【前編】そしてCDは株券になったhttps://t.co/yoitnCx3UZ  コミケ後読む 4年以上前 replyretweetfavorite

manta_birostris 怒髪天の笑顔が燃え萌えでもう 4年以上前 replyretweetfavorite

nauboo 柴 TOKYO IDOL FESTIVALというのは、 4年以上前 replyretweetfavorite

nauboo アイドルが “えらいこと” になっている——アイドルとロックの蜜月 【 前編】 https://t.co/mLn8nNcp7W 【 中編】 https://t.co/42FhL14mnI 【 後編】 https://t.co/vURemdYdTx 4年以上前 replyretweetfavorite